新潮選書<br> 人間通

新潮選書
人間通

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106004896
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0395

内容説明

わずか六百字に凝縮された九十余の賢察。世と心の急所を説き明かす、現代人のための人生論。

目次

人と人
組織と人
言葉と人
本と人
国家と人

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

りえ

8
人間とはどんなものかについて、著者の人生経験をもとに語られている。鋭い指摘もたくさんあり、人間の本質に迫っている感じがした。難しくて、二回読んだけど、すべてを理解することはできなかった。自分が、世間においての経験値が増えたときに読み返したら、共感できることがもっとありそう。2015/02/14

精看探求士

3
若干、昔の文体が残り、私には読みにくかった。しかし、時代を超えて普遍的な生きざまや人間の有り様など、参考になる部分は多い。2016/01/04

らっそ

3
「国家と人」の章で見せる官僚への批評を読んで、現在の官僚の権威は戦時中に確立されたものだと知った。安全地帯にいる指導層の振る舞いが、リスクを負わず成果だけ求める世相を生んだのではないか。 気になる一文:かわいげの次に人から好まれる素養、それは、律儀、である/社会は人間にどれほど使い道があるかを測る市である/世に悲観論が流行るのは、それが安全牌だからである2012/04/09

Yuka.Chiba

2
どうして人間って理屈で動かないんだろう、って思ってたけど、ちゃんと訳あって行動してる。 人間の心の中にある真実をすごく分かりやすい表現で定義している。2019/08/03

k.m.joe

2
嫉妬や羨望、欲得といった、人間の醜い部分を一度認めなさいよと。変に人間らしさを美化せずごまかすよりは直言的で納得できる。心の襞に引っ掛かる論調だが、あとは読んだ者の実行力だ。セルフ・コントロールとセルフ・プロデュースだね。2011/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/494245

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。