新潮選書<br> 旗本の経済学―御庭番川村修富の手留帳

新潮選書
旗本の経済学―御庭番川村修富の手留帳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784106003929
  • NDC分類 210.55
  • Cコード C0321

内容説明

徳川将軍真参の旗本については、映画やテレビなどで、随分と派手に描かれている。しかし、興味をもたれている割には、実態はあまり知られていない。本書は、川村修富の日記風の備忘録「手留」を通して、一個の旗本の生涯を明らかにしたものだ。しかも、旗本川村家は「御庭番」の家柄だった。いうまでもなく隠密なのだが、ときに要人の警固にもあたった。58年間にわたるこの「手留」は、昇進にともなう彼の収入ばかりでなく、御庭番の鋭い眼に入った大奥のさまざまな秘事、そして旗本の家庭内に起きた悲喜劇、事件を率直に書き残している。

目次

第1章 年収50俵からの出発
第2章 「頂戴物」と「御礼廻り」の日々
第3章 幕府の官僚組織のなかで
第4章 御貸付金拝借のこと
第5章 出世と御足高
第6章 大奥「諸事御近例之通相心得」
第7章 出世の理由
第8章 年収400俵の「よい御役」