• ポイントキャンペーン

新潮選書
仏教と神道―どう違うか50のQ&A

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784106003356
  • NDC分類 180
  • Cコード C0314

内容説明

どうして仏前では合掌し、神前では手を拍つか。禅と禊の違いは?なぜわれわれは大晦日に除夜の鐘を聞き、元旦は神社にお参りするか。本書は、仏教と神道が日本人の実生活の場において果たしている役割と機能を比較検討することによって、日本人の宗教を明らかにしようとしたものである。

目次

第1部 民族宗教と世界宗教
第2部 お経と祝詞は同じか
第3部 合掌の沈黙、柏手の音
第4部 親鸞の愛、宣長の道
第5部 鳥居と卍の意味
第6部 檀家の義務、氏子の責任
第7部 生活の中の「仏教」と「神道」
第8部 神前の結婚、仏式の葬儀の国

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

isao_key

8
仏教と神道について日本人が知っているようで、分かっていないことを50の質問形式で解説してくれる。仏教の教えは老・病・死の「苦」を克服すること。克服するためには現実のありのままを受け容れる。受け容れるには執着を無くし、出家することだと釈迦は教えた。また仏教は智慧の宗教で、現実をあるがままに認識し、苦の因(直接原因)と縁(間接原因)を明らかにするように教えている。そのためには高度な智慧が必要で、智慧を見につけることを教えたのが仏教だという。神道が成立したのは日本に仏教が入ってきたとき。それまでは習俗であった。2014/05/06

Em

7
ほえー、神道の知識浅いわぁってなりました。天照大神のお話は十分に知っていたけど他はガバガバですね。ても神道は日本独自の宗教と言える点とか、驚く点も多かった。神仏習合の思想から日本の宗教観が見られて、確かに一貫性はない。でもごった煮を許せる寛容さは良いよね。読み切れなかったけれどキリスト教とイスラム教(同著者)も読んでいて、復讐に関する記述が興味深かった。ハンムラビ法典の目には目をの考え方が日本にはないことから、復讐の加減が他宗教より重い。むしろ徹底的に弾圧しようとする傾向があるとは確かに。2019/08/14

トッポ64

5
仏教と神道はどう違うかを分かりやすく解説した本書。本来、両者は全く異なる宗教であるにもかかわらず、日本の風習には神仏混淆したものが多い。例えば、盆や彼岸もそうだし、仏壇と神棚が同じ家にあるのもよく考えれば不思議である(我が家もそうだ)。本書はそうした、よく考えれば不思議なことについて、誰にでも理解できるようにきちんと答えてくれる。処世術的な性格を持つ仏教と神を祀る神道という全く性格の異なる宗教が何の違和感もなく受け入れられている点に、日本文化の受け皿の大きさを感じた。2018/02/12

すうさん

4
仏教とキリスト教の違いが分かり易く解説してある。他に「キリスト教とイスラム教」「仏教とキリスト教」などもあり世界三大宗教を平易に学べる。日本では神仏習合の習慣が長く続き、根付いているため、例えばお盆が仏教でなく神道の考えであったことなどビックリの連続だった。私にとっては仏教も神道も生きるために大事な哲学や儀式である。神さまや仏さまに「祈る」ことは、とても大切な習慣であるので、同様に今後も関連本はずっと読んでいくと思っている。特にひろさちやさんの本はお勧め。今回も沢山付箋を貼ったので何度か読み返すと思う。2018/10/31

さきん

4
いろいろ意見はあるかも知れないが、仏教と神道の違いを説明している内容。著者は仏教の研究で有名である。よって神道に関してはさまざまな指摘がある。神道や仏教は習合していることが多い。2015/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。