新潮選書<br> 人間の死にかた

  • ポイントキャンペーン

新潮選書
人間の死にかた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784106001192
  • NDC分類 280.4
  • Cコード C0323

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

しんすけ

2
七人の男の死に際の物語である。どれをとっても生きていたことの空しさを憶えさせ、読む者に後味の悪さを抱かせる。トルストイに至っては妻子の無理解に反発して家出し、その結果としての悲惨な死である。それでも読ませるのは、その生き方に読者自身を投影させるのが可能だからである。人類史始まって以後、死を拒絶し得たものは存在しない。そして、誰にとっても死は不快なものでしかない。人間は苦しみながら死んでいくものである。2016/08/10

fuchsia

0
スィフトについての章が読みたかったので。他には親鸞、トルストイなどが取り上げられております。作者が自身についても含めて死について考える「夏日随想」が思いがけず面白かった。この時点では死とはあくまでも個人的体験であるという結論になっております。2013/03/31

powe

0
偉人の最期を描いた本。 江藤新平が印象的。才能があるのに生きかたがうまくないって損だな。。 後は夫婦関係がもとで、トルストイやプーキンシーは可哀想な最期を遂げている。2019/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2448469

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。