新潮文庫<br> 城 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
城 (改版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月22日 18時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 630p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102071021
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

内容説明

測量師のKは深い雪の中に横たわる村に到着するが、仕事を依頼された城の伯爵家からは何の連絡もない。村での生活が始まると、村長に翻弄されたり、正体不明の助手をつけられたり、はては宿屋の酒場で働く女性と同棲する羽目に陥る。しかし、神秘的な“城”は外来者Kに対して永遠にその門を開こうとしない…。職業が人間の唯一の存在形式となった現代人の疎外された姿を抉り出す。

著者等紹介

カフカ,フランツ[カフカ,フランツ][Kafka,Franz]
1883‐1924。オーストリア=ハンガリー帝国領当時のプラハで、ユダヤ人の商家に生る。プラハ大学で法学を修めた後、肺結核で夭折するまで実直に勤めた労働災害保険協会での日々は、官僚機構の冷酷奇怪な幻像を生む土壌となる。生前発表された「変身」、死後注目を集めることになる「審判」「城」等、人間存在の不条理を主題とするシュルレアリスム風の作品群を残している。現代実存主義文学の先駆者

前田敬作[マエダケイサク]
1921‐2003。大阪・摂津生れ。東京帝大独文科卒。京都大学名誉教授。ゲーテ、カフカ、トーマス・マンなどの訳書がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

149
城、それは全く正体がわからず不気味で辿り着けないところ。城と違って存在ははっきりしているが、全く何者かがわからないのはKである。彼は本当に測量士であるのか。そもそも本当は何をしに来ていて、どうして出て行かないのだろうか。そこの人間はとても閉鎖的であるが、彼への興味を隠そうとしない。彼に近寄る者、距離を置く者、虐げる者…、彼への対応は様々で、その対応が彼らの性格を示しているかのようだ。人は他人から認められるようにしか存在しない…、特に最後のやり取りでそう思った。2016/03/29

康功

122
オーストリアの少数派ユダヤ人として生まれたカフカは、幼少期から自分の存在する国をもたなかった。小説の中のKは、カフカの隠喩。城に測量士として来たはずのKは、城に到着することもできず、測量の仕事もすることができない。人間とは、職業が唯一の存在形式で、職業を持たない人は存在しないも同然である、と考えられる。現実世界にも存在する様々な不条理は、小説の中では滑稽に異様に表現されているが、そういう立場の人達は、沢山現代にもいるはずである。納得できない事も折り合いをつけて生きねばならない時も、、、ある。2016/09/05

jam

107
ひと頃、カフカを好んで読んだ。カフカの不条理をどう解釈し、どう導くのか議論には事欠かなかった(誰とも議論はしていないが)。見方を変えることで神にも悪魔にも世界は傾くことを、カフカに学んだ。この「城」も例外ではない。久しぶりに読んだが感慨はない。そもそも、そういう物語であり、類推し分解し放逐するだけなのだ。このじれったい、意味を持つことを良しとしない、遠く近づけない、そして入れない城は、世の不条理の合せ鏡のように在るようで無いもの。未完であることがふさわしい作品であり、嫌いではない(いや、好きかも)。2016/10/10

みやこ

99
一方ではびっくりするぐらい何も起こらず、他方ではびっくりするぐらい急展開で事が進行し、結果、この人は何をしにここに?と、ぽかーんとして読了。でもなぜかグイグイ読まされてしまった。恋に落ちるのは早いし、結婚を決意するのは早いし、別れるのも早いし。かといって、肝心なことは一切進展せずに物語は終幕。お城!お城が遠いよ!閉鎖的で排他的な村にKが拘った理由がわからないようでわかる。村そのものではなく、自分の存在意義に拘ったんだろうな。それが幸か不幸かは私が決める事ではないけど、私だったらとっととUターンしてるわ。→2017/04/15

優希

97
異分子の物語だと言えるでしょう。測量師Kの疎外がどこまでも描かれています。城からの仕事の依頼で雪深い村に訪れたKにいつまでも城が門を開かないのは、Kは認識される以前に排除される存在の象徴だからかもしれません。社会があってもそこに自分がいるというわけではないのです。城を待ち続けてもその姿は永久に見えず、職業が唯一の存在理由である中でKは疎外者として何も起きることなくあり続けるのでしょう。どのような状態に置かれているのかを知る事はできないのです。未完の作品でなかったらどのような結末になっていたか気になります。2015/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/577871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。