新潮文庫
イノセント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 138p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101440217
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

あなたと私、二人きりですべてをわかちあった秘密の時間―。数奇な生い立ちをもつ渚と玲奈。幼くして知り、別離を経てめぐり合い、もう離れられないと悟った二人は、手を取り合って許されざる官能に身を投げ出す。無垢すぎる魂が引き寄せる悲劇。狂おしくも甘やかな死の予感言葉と写真の奇跡的な融合が小説を超える世界を生み出す。一篇の映画にも似たコラボレーション・ブック。

著者等紹介

小池真理子[コイケマリコ]
1952(昭和27)年、東京生れ。’96(平成8)年『恋』で直木賞受賞

ハナブサリュウ[ハナブサリュウ]
1949(昭和24)年、大阪生れ。写真家。パリと東京を拠点に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

29
イノセント。それは純真であるがゆえに罪深くもある。理性はイノセントを避ける。それが危うく、罪深いことを知っているから。けれど、純真だと思えるほどの強い愛は、だからこそ抑えようのない欲情は、軽々と理性を超え、イノセントに身を委ねさせる。官能が、さらに二人を世俗から遠ざけ、もはや戻れなくなる。しかし、二人は知っているのだ。無垢の世界が長くはないことを。いつか必ず終わりが来ることを。その時、罪を犯した二人には罰が降ることも。知っているから、二人は溺れるのだ。この刹那に。イノセントに。(つづく)2021/09/14

シュラフ

25
秀作なのか、駄作なのか・・・。好きか、嫌いか・・・。ストーリー展開があまりに意味不明でなんとも判断をつけがたい。まぁ、小池真理子らしいといえば小池真理子らしい作品である。小池真理子は雰囲気で読ませる作家なのかもしれない。ハナブサリョウの写真とはうまくマッチはしている。ストーリー展開の現実感のなさが、西洋的庭園と西洋彫像という写真とこれ以上なくかみ合っているのがよい。「無垢なまなざしで世界を見つめるという豊饒の時間・・・」。こんな永遠の愛を一瞬でも味わうということは至福の時というべきなのだろうか。2015/09/18

yoko**

7
写真の存在が物語をさらに官能的で美しいものへと昇華させ、男女の思いに正当性をもたせる。2008/01/11

おおた

3
描写が瑞々しくてよかった。文章も写真も読むごとに違う心情を見せてくれるようで何度も読み返したいと思う2020/06/05

桜もち 太郎

3
若き日の背徳的な営みを一人の女性が追憶する。文章と写真のコラボで藩士の流れのように、きれいな風景、男女の彫刻、美しく若い女性の裸体。少しずつ錆埃にまみれ濁っていく。死んでしまった兄で情人である渚。死によって女性の心に封印された若き日の思い出。官能的物語ですが嫌悪感は全くありません。このよう小説を書く作者は自身の経験からなのか、物語を紡ぎだすのかとても興味がある所です。2015/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3905

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。