新潮文庫<br> 返事はいらない (改版)

個数:

新潮文庫
返事はいらない (改版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月29日 09時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101369136
  • Cコード C0193

内容説明

失恋からコンピュータ犯罪の片棒を担ぐにいたる微妙な女性心理の動きを描く表題作。『火車』の原型ともいえる「裏切らないで」。切なくあたたかい「ドルシネアにようこそ」など6編を収録。日々の生活と幻想が交錯する東京。街と人の姿を鮮やかに描き、爽やかでハートウォーミングな読後感を残す。宮部みゆきワールドを確立し、その魅力の全てが凝縮された山本賞受賞前夜の作品集。

著者等紹介

宮部みゆき[ミヤベミユキ]
1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。’97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。’99年には『理由』で直木賞を受賞。’01年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

307
良い小説にはよい解説が似合う。よい小説にはよい読書感想が似合う。 解説の茶木則雄。「優れた小説というのは、読み終わった後で誰かと無性に話をしたくなるものだ」に同感。短編6話のいずれも妙。「ドルネシアにようこそ」は、あれ、あれっと思いながら、まさかの結末。心温まる部分のある物語たち。宮部みゆきのよいところが出ている。解説者がwikiになく、どういう人か知らない。調べる予定。2013/05/22

yoshida

275
宮部みゆきさんの初期の短編を6編収録。読後感が暖かい作品が多い。書かれたのがバブル後なので、いま読むと当時の雰囲気を感じとれる。「火車」の原型ともいえる「裏切らないで」や「私はついてない」からクレジットや消費者金融の恐ろしさを垣間見る。とは言え比較的読後感が暖かい作品が多い。「ドルネシアへようこそ」など珠玉の作品だと思う。様々な人間模様が描かれ、さすが名手と感じた。「ソロモンの偽証」のような長編も良いが、短編も安定して面白く読めた。2015/07/01

猫夢 vaicorinthians

264
久々の宮部みゆきさん。蒲生邸だったかな?あれを読んでこの方の長編苦手になりました。火車とかクロスファイアとか模倣犯も読みたいのですが^_^ さておき此方の短編集。私の好みのサイズ^_^ ドルネシアは快作です。裏切らないでは火車の原型だそうです。良作ですね^_^ 2021/02/07

KAZOO

197
宮部さんの若い頃の短編集です。最近時代物の短篇を再読していたのですが、現代ものの再読です。すっかり忘れてしまっていました。6編の短篇ですがどれも後味がいい気がします。「ドルネシアにようこそ」は宮部さんも速記の学校に通われていたとのことで、主人公は男性なのですが少しダブるような気がしました。この中ではいい作品だと思います。確かに読み直してみると「火車」のプロトタイプの様な感じの作品もあります。2016/02/21

mura_わくわく

146
宮部さんのミステリー短編6編。心理描写の巧みさが際立つ。表題作「返事はいらない」と「ドルネシアにようこそ」は終わり方がお気に入り。じわっと来る感動があった。前に読んだ「火車」のテーマ、クレジットカード破産の内容も出てくれば、過去に宮部さんがお仕事をしていた速記の物語も。時期的にはバブル弾ける直前で宮部さんが世の中の異常を察知してたのかと思えるほど、カード破産・自殺など物語に出てきます。飛行機内で拝読。2017/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578532

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。