新潮文庫<br> 旅で眠りたい

  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
旅で眠りたい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101232218
  • NDC分類 292.09
  • Cコード C0195

内容説明

仕事が終わればいざ出発だ!ようやく東京からアジアを横断する長い旅が始まった。安宿を探して泊まり、仲間ができれば同行し、街が気に入れば沈没し、数々の試練にもめげず、気儘な旅が続く。台湾、香港、タイ、インド、ネパール、パキスタン、イラン、そして終着駅イスタンブールまで。アジアの空の下で眠った一年はとても幸福だった。バックパッカーの教祖が体験したこれぞ旅の醍醐味だ。

目次

長い旅へのあやふやな出発
台湾の退屈、香港の腰痛
タイの島でひと休み
インドは今日も暑かった
パキスタンの沙漠を越えて
不思議の国イラン
アジアの終着駅トルコ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

352
およそ30年前の旅なので、現在の実情を伝えるものではないが、それでも紀行としては輝きを失ってはいない。ここに記録されたのは東京から船で鹿児島、沖縄を経て台湾へ。そこから空路で香港、バンコクへ。タイの各地を経巡って、次はインドのあちこち、そしてパキスタン、イランを通過してイスタンブールに至る約1年間に及ぶ旅である。私たち読者は当然沢木耕太郎の『深夜特急』を想起する。沢木の旅が、なにか悲壮感に追われていたのに対し、こちらは随分ゆったり、まったりの旅である。そこが、この人たちの旅の最大の個性であり、特徴だろう。2019/04/21

すぎえ

8
気負わず自然体で無理のないバックパッカーのクリーンなイメージを想起させられて、久しぶりにイッキ読みしてしまった。単にうらやましくもあるのと、気負いがかんじられない文体がすいすいとくりだされていたからかもしれない。ぜひ他の本もよんでみたい。2010/01/12

てっしー

7
本屋で紀行本を探していると必ずこの著者の名前が目に入るが、今回初めて読んでみた。深夜特急で同じような地域を読んだ直後だったのでバックパッカーものとしてあえて比較してみると、こちらの方が若干経済力もあり有名な遺跡や観光地をよく巡っているので、ガイド本の機能としてはこちらの方が役に立つかも。秘境や危険地帯を巡る本にも価値はあるが、こういう「当たり前の」地点を巡る紀行文も、そこにすらなかなか行けない自分にはありがたいし、面白かった。過度に盛らず、事実をそのまま記録していくスタイルにも好感が持てた。2015/04/03

Hiroki Nishizumi

6
若い時に読むべきだったな。今となっては少し空虚に感じる。2019/09/18

KJ

4
行きたければ行き留まりたければ留まる。誰かの決めたルールではなく自身の内なる声に従う事こそ本当の自由な旅だ。柔軟性と自然体で旅に身を委ねる。不便も混沌も理不尽も旅人に長逗留を余儀無くする魔力だ。安さや気儘さだけでは無い。旅の直ぐ隣に貧困や戦争の影が存在するのもアジア各国の紛れもない現実だ。同じ場所でも受け取る人間によって印象は異なる。肝心なのは何処へ行くかではなく何を感じるかだ。幸福は荷物の多寡に比例しない。荷物が多くなれば身軽さは失われる。僅かな荷物だけで何も無い安宿のベッドに眠る心地良さを味わいたい。2021/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/424967

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。