新潮文庫<br> 蛍の行方―お鳥見女房

電子版価格 ¥671
  • 電書あり

新潮文庫
蛍の行方―お鳥見女房

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 347p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101194257
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

密命を帯び、お鳥見役の主が消息を絶って一年余り。留守を預かる女房珠世に心休まる日はない。身近かに暮らす子供らの人知れぬ悩みを知って心くだき、その成長を見守り、隠居となった父の寂寥を慰め、組屋敷に転がり込んだ男女と幼子らの行く末を案じる…。人生の哀歓を江戸郊外の四季の移ろいとともに描く連作短編。珠世の情愛と機転に、心がじんわり熱くなる―お鳥見一家の清爽人情話、シリーズ第二弾。

著者等紹介

諸田玲子[モロタレイコ]
1954年、静岡市生れ。上智大学文学部英文科卒。外資系企業勤務の後、翻訳・作家活動に入る。1996年、『眩惑』でデビュー。2003年、『其の一日』で吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mocha

72
長男次男、長女次女、それぞれの背負うものをちゃんと汲み取って、過不足なくフォローする母。すごいなあ。夫の苦難に皆が力を尽くす姿も感動的。こういう美しい家族の姿は時代物だからこそ成り立つものなのかもしれない。お祖母様の悲恋はいつかまた語られることがあるだろうか。2019/06/16

keiトモニ

29
大凧揚がれは泣けるねぇ~。蛍の行方も、美弥「私は…まっさらな布に染みがついてしまったのです。歳月とともに大きくならぬと誰に言えますか」…美弥さんよ、それは考えすぎというものです。「気にかけぬ、でも「噂など信じぬ」でも意味は同じです。今じゃ実際に染みがついてほぼ平気な世の中で、そうじゃなくては生きてはいけません。裸嫁は楽しい。松井家お付の女「若奥さまは裸嫁と言われ逃げ帰った…ほんとなにもない家ですこと」に対し久右衛門の「裸嫁のどこがわるい」のお付女の絶句状況を見たかったですね。で“主殿、お帰りなさいませ…。2015/05/29

優希

21
密命のため、お鳥見役の主人が消息を絶ち1年が経つ中で、珠世さんが笑顔をたやさずにふるまえるのに憧れてしまいます。心が休まらなくても優しくいられるっていいですよね。子供たちが悩めば心から心配し、隠居した父。寂寥をさりげなく慰める姿にはじんわりきます。組屋敷に男女と幼い娘が転がり込んでも受け入れて、この先どうするかまで心配する珠世さん。人間出来てるなぁ。ここまで情愛の深い人はなかなかいません。でも、やっぱりどこかで気は張っていたんですね。戻ってきた夫を見たときようやく安心したのでしょう。本当に素敵なお話です。2014/03/21

あすか

18
お鳥見女房シリーズ第2弾。夫、息子への心配を隠し、えくぼを作る珠世がかっこいい!お役目とはいえ、久之助には辛かっただろうな・・・。久太郎の縁談、君江の恋も気になる!!2020/11/18

はつばあば

17
好きな人ができた時、「この人と私は赤い糸で結ばれているのだろうか・・」。と、よく思ったものだ。今の人達は「赤い糸」など知る由もないだろう。好きだから一緒にいる、嫌いだから別れる。いとも簡単にバッサリと。昔の人はカースト制度並に、好いても一緒になれなかったのだろう。お雛様に託した思いは悲しい。・・・うちのお雛様は箱から出られず淋しい思いをされてる。2014/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/448552

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。