新潮文庫<br> 広き迷路

電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
広き迷路

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101162171
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

旭川出身で銀座のデパートに勤める早川冬美には、高級官僚を父に持つ大企業のエリート社員・町沢加奈彦という素敵な恋人がいた。だが札幌に出張している筈の加奈彦を都心で見かけて以来、冬美の心に不安の影がよぎる。加奈彦さんには何か秘密がある…。平凡な幸福を願う冬美を襲った恐るべき罠。都会の迷路に潜む人間の孤独と欲望を、息詰るサスペンスで浮き彫りにした異色長編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

スノーマン

22
三浦綾子はだいたい若い頃に読んでいたけど、これは未読だった。浅はかな加奈彦。冬美が乗り移ったように『痛い目にあえー』と念じつつ読んだ(笑)しかしラストにえ?。冬美、もっと図太くなれよ!と目を覚ましてやりたい。当時の女性としては、ダメ男に弄ばれたからといって次に行けーみたいな気持ちにはなれないのかな…。若干そういうとこが気になるけど、久しぶりの三浦綾子の一気読み作用は健在やった。2015/09/03

りえ

11
驕慢で妖艶な熟女瑛子さんが若い加奈彦を誘惑して言ったセリフ。「人間はみな、あらゆる悪徳が好きなようにうまれついているのですわ。人様のものを盗むこと。それに裏切り。男の方も、裏切りがお好きでいらっしゃる。笑いながら話し合っていても、いつもこぶしを握って、内心、こいつ奴(め)!じゃございません?」「でも、あらゆる悪徳は何と心引くのでしょう。そしてその悪徳の塊が、あたくしか、あたくしの夫か」…エロい!拍手を送りたくなった。2013/12/03

まひはる

9
旭川出身で銀座のデパートに勤める早川冬美には、高級官僚を父に持つ大企業のエリート社員・町沢加奈彦という素敵な恋人がいた。だが札幌に出張している筈の加奈彦を都心で見かけて以来、冬美の心に不安の影がよぎる。加奈彦さんには何か秘密がある……。平凡な幸福を願う冬美を襲った恐るべき罠。都会の迷路に潜む人間の孤独と欲望を、息詰るサスペンスで浮き彫りにした異色長編。2020/03/29

さとむ

9
ひさしぶりに三浦綾子の人間愛や自己犠牲の精神にふれたくなって、読み始めたんだけど、まったく予想外の物語で面くらった。つき合ってる女性を疎ましく思う展開は、石川達三の『青春の蹉跌』に似てはいる。でも、本作はその後に何とも恐ろしい復讐があり、なんだか自分が仕打ちを受けているような気にもなってゾッとした。「人間はみな、あらゆる悪徳が好きなように生れついているのですわ」。ということは、人は生まれつき、すでに「広き迷路」の入口に立っているようなものとも言えるだろう。自戒にせねば…。2014/02/24

来未

8
冬美の復讐心。 加奈彦の身勝手が生んだ悲劇。 権力闘争に身を投じる者たちの思惑。 権力という蜜を吸いたいという欲の塊。 様々な感情の中、広い迷路に迷い、迷ったことすらわからない冬美が不憫で仕方がない。 思惑通りに事が進んだ者…踏み外した者… それぞれがそれぞれの迷路に迷い込んでしまっているように感じた。 裏切られても尚、相手を求める姿、想い… 人を愛するという感情は単純ではない。 2020/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531685

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。