新潮文庫<br> 向い風

新潮文庫
向い風

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101137087
  • NDC分類 913.6

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

松本直哉

19
天皇もマッカーサーもスターリンもいらない、権力の言いなりにならず自分の力で畑を耕し子どもを産み育てるというゆみのほとんど無政府主義的な宣言はかっこよく見えるけれど、労働と生殖の両方の「生産性」によって結果的に権力に再び丸め込まれてしまうという逆説を著者はどれだけ自覚していただろうか。労働の神聖化は諸刃の剣として働かないものへの蔑視につながらないか。栗原康ではないが働かないでたらふく食べることへの希求こそが権力への真の抵抗なのではないか。2018/08/28

y_e_d

2
官報で戦死と伝えられた息子が帰ってくる。親父にやり込められた息子の嫁、生まれる子、やりきれない親父の妻、そしてあっけなく死んでしまう親父。戦争、供出米に翻弄されつつ微妙に歪む家族関係、その皺寄せで辛い立場に立たされながらも芯が崩れないゆみの強さが際立つ。いしとなか婆さんのやりとりが痛烈なのに尾を引かず、ごく普通なのがいい。現実の描き方が痛烈でむき出しな作風と思わせながら、どこか暖かい目も感じさせる話で、独特の面白さがあった。2018/02/19

葉芹

2
橋のない川しか読んだことがなかったけれど、素晴らしい作品だった。戦後の農家の混乱をゆみというたくましい主人公とともに、渦巻いていく。ゆみは最初ネジが外れているのか、と思ったが、読み進むなかで、強さとは優しさと日々の暮らしだ、とおしえてくれる。住井すえさんはすごい。天皇もスターリンも必要ないと。そう、私も常々思っている。2014/04/20

あきこ

2
実家の本棚で古くなっていた本書を発見。「橋のない川」に続き二作目だ。短い小説だが、戦後の政策や村社会の中で、強くいきていくお百姓さんたち。また戦争という不幸のなかで運命を翻弄されたゆみの生きざまが強く胸に響いた。「働くことが食事をするように当たり前の社会」「どこでも自分で働いて生きていきたい」というゆみの言葉が強く真実を語っていた。人間としての尊厳はここにある、と思わせる。日本の土と生きる人々、その強さと素晴らしさも伝わってきた。2014/04/16

じょんSYすみす

1
時代の波に飲まれる儚さを感じた。選択肢のある人生がいかに幸せかと思わせてくれる作品でした。 ★2.52018/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/210638

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。