新潮文庫<br> アルプスの谷 アルプスの村 (改版)

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

新潮文庫
アルプスの谷 アルプスの村 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月29日 04時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101122168
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

内容説明

チューリッヒを出発した汽車は牧草地をぬけるとアルプスの山塊を登っていく。いきなり車窓に飛びこんできた巨大な岩壁のアイガー、朝日に全容を示した坐せる孤峰のマッターホルンをはじめ、人なつこい宿の主人シュトイリ氏、チナールの谷で逢った愛らしいベルギーの少女たちなど、憧れの土地で接した自然の風物と人情の機微を清々しい筆で捉えた紀行文。佐貫亦男氏の写真多数収録。

目次

白銀の峰々
老ガイドの宿
ユングフラウヨッホに立つ
樅の森に雨が降る
滑らかな草原ツェルマットへ
山岳博物館と遭難者墓地
石の巨人―マッターホルン
郵便バスに乗って
プティムンテの小屋
白銀のガウン
メールドグラースの大氷河
山岳兵のいる街
窓に花のない村
死んだ山
エタンソンの谷
アラレの降る国境
一点の光明
真夏の雪
谷間で会った少年
さよならアルプス

著者等紹介

新田次郎[ニッタジロウ]
1912(明治45)年、長野県上諏訪生れ。無線電信講習所を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。’56(昭和31)年『強力伝』で直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、’74年『武田信玄』等で吉川英治賞を受ける。’80年、心筋梗塞で急逝
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

財布にジャック

50
新田さんがスイスを旅した時の旅行記です。山に登るのではなく山のすそのの村々を訪ねる旅なので、山好きでなくても楽しめます。こんなにじっくりとゆったりとスイス巡りが出来たら幸せだろうなぁと羨ましくなりました。2014/03/30

rokoroko

12
随分昔の旅の話。スイスに私が行ったのは40年位前。それより前の私が生まれた時位の話。今はどうなっているんだろう?もっとリゾート化が進んでいるんだろうな~2019/10/28

スプリント

12
昭和30年代のアルプス紀行文です。 新田さんの山岳もの作品のルーツが辿れます。 風景描写と生活描写が素晴らしいです。2016/11/20

RYOyan

9
ほぼ10年前にスイスを旅したので、さらに50年前くらいの現地の様子が伝わってきて興味深く読めた。今ほど海外旅行が一般的ではなかった時代に、日本人としてこの地を訪れるのはかなり珍しいことだったのだろう。現地の普通の住民とのやりとりの様子が面白かった。そして観光の国としては日本よりもずっと歴史のある国だけに、当時、既に険しい山深いところまで交通機関が発達している様子には驚かされた。もう一度、スイスのアルプスを巡ってみたいと強く思った。2021/02/15

sagatak

9
昭和36年の旅行記。私も58年から最近まで4回ほど行ったことがあり興味を持って読んだ。まず著者が案外と細かいことを言う人だなと思った。作品からは想像できない面が見えて意外だが悪い感じはしない。洞察力にはやはり舌を巻いた。結果この頃から最近までスイスはスイスで根本的に変わらないと思う。スイスの美しさは作られた美しさだ、まさに同意。悪い意味ではない。おそろしく整備された観光地なのに嫌味がなく地に着いていると私も感じたその根源はこれなのだな。スイスは人が作ったのです。2014/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。