新潮文庫
夫婦善哉 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101037011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

芸者上がりと所帯を持った化粧品卸問屋の息子柳吉は、勘当され、家を出る。剃刀屋、関東煮屋、果物屋、カフェと転々と商売を変えるがちっとも長続きしない。こんな男になぜ蝶子は惚れるのか。たくましい大阪人の、他人には窺い知れない男と女の仲を描く『夫婦善哉』ほか、人間の切ない感情を見事に謳い上げた『木の都』など全6編。早世が惜しまれる織田作之助の代表短編小説集。

著者等紹介

織田作之助[オダサクノスケ]
1913‐1947。大阪市の仕出し屋の家に生れる。三高時代から文学に傾倒し、1937(昭和12)年に青山光二らと同人誌『海風』を創刊。自伝的小説「雨」を発表して注目される。’46年には当時の世俗を活写した短編「世相」で売れっ子となった。12月ヒロポンを打ちつつ「土曜夫人」を執筆中喀血し、翌年1月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゴンゾウ

112
初めてのオダサク。どの作品も大阪ミナミの庶民の生活が背景となっている。谷崎作品とは別世界の大阪が活き活きと魅力的に描かれている。その大阪を舞台にいろいろな男女の愛憎劇が描かれている。悲惨な愛の形もあるのだが、悲惨さを感じさせないのがオダサクなのか。「夫婦善哉」の柳吉のだらし無さに憤り、「六白金星」の楢雄の男気に惚れ惚れとし、「競馬」の寺田の純情に癒された。「世相」もよかった。2015/05/02

シ也

57
太宰治展の写真で名前を知り、文豪ストレイドックスの小説を読んでから興味を持った織田作之助。以外と読みやすい事にまず驚いた。各作品の中でちょくちょく出てくる国木田独歩やトルストイの名やアンナ・カレーニナ、カラマーゾフの兄弟等々のロシア文学作品のタイトルは、織田作が好きだったから出てくるのだろうか。阿部定の名前には(そういう時代だったのか... )と変に感心してしまったり、エログロをグロチックと呼ぶのにはなるほどと膝を打ってしまった2016/06/14

カピバラ

54
柳吉のダメ亭主ぶりがひどくて、なんで、蝶子が愛想を尽かさないのかが不思議でした。それでも夫婦というものは足りないものを補いあっているんでしょうか。なんだかんだで、ぴったりの二人でした。2015/10/24

いたろう

45
本日(2014/1/31)開催の奥泉光×いとうせいこう「文芸漫談」のお題となっていたため再読。二人の漫談(解説?)を聴き、主語が省略されたオダサクの流れるような文章が、いかに端的に多くのことを多弁に語り、かつ、そこはかとない人間の可笑しみを表現しているか、改めて気づかされた。いとうせいこう氏絶賛の「六白金星」も確かに素晴らしい。2014/01/31

tokko

38
今度、法善寺横丁の「夫婦善哉」を食べに行こうと思ったので再読。柳吉が「甲斐性なし」の「あかんたれ」でも、「一人よりも女夫の方が良えいうことでっしゃろ」と言える蝶子がうらやましい。千日前に道頓堀から宗右衛門町…大阪には欠かせない地名がたくさん登場するのも嬉しい。あぁ、「自由軒」のカレーが食べたくなってきた。「自由軒のラ、ラ、ライスカレーは御飯にあんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」あほ坊の柳吉だけれど、これは本当です(笑)2013/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。