新潮文庫<br> 堕落論

個数:
電子版価格 ¥572
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
堕落論

  • 坂口 安吾【著】
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 新潮社(2000/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • 提携先に21冊在庫がございます。(2021年09月22日 02時09分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101024028
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

単に、人生を描くためなら、地球に表紙をかぶせるのが一番正しい―誰もが無頼派と呼んで怪しまぬ安吾は、誰よりも冷徹に時代をねめつけ、誰よりも自由に歴史を嗤い、そして誰よりも言葉について文学について疑い続けた作家だった。どうしても書かねばならぬことを、ただその必要にのみ応じて書きつくすという強靱な意志の軌跡を、新たな視点と詳細な年譜によって辿る決定版評論集。

目次

今後の寺院生活に対する私考
FARCEに就て
文学のふるさと
日本文化私観
芸道地に堕つ
堕落論
天皇小論
続堕落論
特攻隊に捧ぐ
教祖の文学〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

116
坂口安吾氏初読みでした。当時の日本に生きながら、メチャクチャ今の日本人かと思ってしまうほど考え方が今風だなぁと思いました。戦中からえらい冷静で当時の日本人の思いや考え、思想や世論とは反対で客観的な考えを持たれていたと思います。敗戦国となった日本において、戦後大事なことは堕落していくことだ、哲学的で衝撃的でインパクトのある言葉でした。2016/07/26

ゴンゾウ

107
無頼派作家だけに歯に絹着せない論調は小気味よい。そこに存在する意義があるからこそ美しい。美しいものには必然がある。そういった物の捉え方が彼らしい。太宰治の死に対する彼独自の言い回しに共感した。 【新潮文庫の100冊 2019】2019/07/07

優希

97
無頼派でありながら、冷静に時代を見つめていたことが伺える小論集でした。イデオロギーに左右されることなく、今書くべきことを必要最低限の状態で書き尽くす意志を感じました。常に自由な歴史観と言葉や文学への疑いがあったことが見て取れます。評論なので難解かと構えてしまいましたが、読んでみると面白い論文でした。2015/09/29

マエダ

76
”人は正しく堕ちる道を堕ちきることがひつようなのだ。”堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物であるという。2018/08/31

夜長月🌙新潮部♪

72
坂口安吾はなかなか個性的な考えをしています。独創的な話はおもしろく独創的な作品を書く作家はオリジナリティーがあるとして一流とされます。確かに誰でも書けるような文を書かれては買ってまで読もうとは思わないでしょう。独創的であるからには一般的な考えを逸脱する所があるのですが、世間一般というものを知った上でおもねらず我が道を行くという点が大切なのでしょう。単に物知らずの独創では受け入れられないのです。規律を守りつつその一部を明らかに逸脱している。そういう思考と文章がここにあります。あなたは坂口安吾に組しますか?2019/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571907

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。