新潮文庫<br> にごりえ・たけくらべ (改版)

個数:
電子版価格 ¥407
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
にごりえ・たけくらべ (改版)

  • 樋口 一葉【著】
  • 価格 ¥407(本体¥370)
  • 新潮社(2003/01発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 6pt
  • 提携先に30冊在庫がございます。(2021年09月21日 23時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101016016
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

落ちぶれた愛人の源七とも自由に逢えず、自暴自棄の日を送る銘酒屋のお力を通して、社会の底辺で悶える女を描いた『にごりえ』。今を盛りの遊女を姉に持つ14歳の美登利と、ゆくゆくは僧侶になる定めの信如との思春期の淡く密かな恋を描いた『たけくらべ』。他に『十三夜』『大つごもり』等、明治文壇を彩る天才女流作家一葉の、人生への哀歓と美しい夢を織り込んだ短編全8編を収録する。

著者等紹介

樋口一葉[ヒグチイチヨウ]
1872‐1896。東京生れ。本名奈津。父則義は、元八丁堀同心で一葉誕生当時は東京府の下級官吏。1886年中島歌子の萩の舎塾に入門。’89年父の死で一家を担うことになり、姉弟子三宅花圃に刺激されて小説で生計を得ることを志す。’91年半井桃水に師事。貧困の中、’94年の『大つごもり』以降独創的境地を開き、『にごりえ』『十三夜』『たけくらべ』等で文壇に絶賛される。数え年25歳で結核に倒れた
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

158
いつかは読みたいと思っていた樋口一葉。明治の市井の人々の哀切が描かれている。樋口一葉自身が苦しんだ貧困がその背景に横たわる。「にごりえ」で銘酒屋のお力と、お力に嵌まり込み、身を持ち崩し妻子を失った源七。お力の身の上といい、源七の暮らしの様子といい、息遣いが感じられるほどリアルだ。お力と源七の最期が衝撃的。「たけくらべ」では、吉原の大巻を姉にもつ14歳の美登利と、僧侶になる信如の淡く儚い恋が描かれる。この「たけくらべ」で気づくのは美貌の美登里が姉と同じく吉原で生きる暗示だ。遊女と僧侶。結ばれない二人。名著。2017/01/23

ゴンゾウ

103
とても難しかった。あらすじを調べながらやっと読みました。だが、内容は当時の庶民の暮らしが女性の視点でリアルに描かれている。だからどの作品も決してハッピーエンドではない。当時の社会に無力であった庶民の姿が生々しい。次回は現代語訳で読みたい。2018/12/31

佳音

102
何回、何十回と読んでも名作。何度読んでも、正太、信如、美登利の心情発見がある。2017/10/11

テディ

76
難解な文体で読むのに時間がかかった樋口一葉の短編集。将来の職業や身分までが定められてしまう封建社会と貧困。これらに対して一葉が悲哀の念を持ちながら魂を込めて作品を書いていた様子が伝わってくる。①酌婦のお力は破産した源七より寄りを戻すように迫られるものの二人で心中をしてしまう。(にごりえ)②姉と同様に遊女になる運命の美登利は、僧侶になる定めの信如に恋をするもののお互いに素直に気持ちを表すことが出来ず反発し合う。ある朝、格子門の外より水仙の作り花を見つけた美登利。信如が学校に入学した事を知る。(たけくらべ)2018/08/31

佐島楓

60
「にごりえ」のみ読了。擬古文のため難しく、精読が必要。文章に一定のリズムがあり、昔はこういうリズムで物語を読んでいたのだろう、と想像した。2016/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552202

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。