新潮文庫<br> 村上朝日堂の逆襲 (改版)

個数:

新潮文庫
村上朝日堂の逆襲 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 06時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101001364
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

交通ストと床屋と教訓的な話とハワイで食べる冷麦が好き。高いところと猫のいない生活とスーツが苦手。時には「セーラー服を着た鉛筆」について考察するかと思うと、小津安二郎の映画の細部にこだわったりもする。「自由業の問題点について」に始まって、「長距離ランナーの麦酒」に終わる、御存じ、文・村上春樹とイラスト・安西水丸のコンビが読者に贈る素敵なワンダーランド。

目次

自由業の問題点について
映画館について
ベルリンの小津安二郎と蚊取り線香
猫の死について
ヤクルト・スワローズについて
セーラー服を着た鉛筆
中年とは何か?
政治の季節
山口下田丸くんのこと
雑誌の楽しみ方〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

118
1985年4月~翌年の4月まで「週刊朝日」に連載されていたらしい。なんと27年も前だ。その割には古さを感じさせない村上節だ。ただ、村上春樹に興味や関心がない読者は、あるいはつまらないと感じるかもしれない。多分に村上の身辺雑記的な内容でもあるし。私は楽しく読んだけれども。いずれも、とっても軽いタッチのエッセイだ。朝、起きて、いつものように走って、朝ごはんを食べてから、さあ今週のエッセイを片づけておくか、といった調子で書かれたのだろう。これはこれで、肩の力が抜けて軽快なエッセイに仕上がっていると思う。2012/12/15

おしゃべりメガネ

111
前にいつ読んだかわからないくらい間があっての再読で、おそらく(ほぼ間違いなく)高校生の頃だったと思うので、約26年ぶりぐらいかなと。やっぱり村上さんのエッセイはほのぼのしつつも、ちょっとした哲学を感じますね。哲学はちょっと大げさかもしれないけど、なんというか生きざまというのか、美学というのか。書かれているのも80年代半ばなので、どうしても古くささや時の流れ感は否めませんが、その雰囲気がまた古きよき時代を感じさせてくれます。物事には色んな考え方があるんだなぁと改めて村上さんの視野の広さに刺激?を受けました。2017/09/23

kinkin

102
村上春樹の小説を最後まで読み切れたことのない私が村上春樹のエッセイが好きだと書くと、小説のことを知らずして村上春樹を語るなかれとお叱りを受けそう・・・・しかしやっぱりエッセイは面白い。氏のスタンスは日常身の回りを淡い目で見て描いているからだと思う。淡い目ってどんな目というと自分的にはあんまりフィルターのかかっていない目のこと。だから読む方もあんまり肩こらず読めるのかも。それと表紙や本文の挿絵を描いている安西水丸さんと息ピッタリなことも読める理由。でも小説は私に読む力が足りないのだ。多分これからも・・・2019/10/21

ケイ

82
「ノルウェーの森」の前、そして若いからか、随分と親しみやすい。文体も春樹流ながら、てらいがない。水丸さんの方が立場が上のように文章からも挿絵からも読み取れて微笑ましい。春樹氏は村上龍からもらった猫を飼っていた。ビルのベンチでふてくされていたら、「村上さん頑張ってください」と言われ「はい、頑張ります!」と答えた。鉛筆のFがセーラー服を着た女子高生と一度言われたらその妄想に囚われっぱなしになった。締切に遅れると印刷屋さんの家族に恨まれるような気がする…、など微笑ましい話が多い。2014/03/11

らったった

71
また手にとりました(^^)ゆるい絵がまた、ほのぼのしてます。出版されたのが結構、昔ですね(*^^*)2014/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/534109

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。