アイヌ学の夜明け

  • ポイントキャンペーン

アイヌ学の夜明け

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784093900324
  • NDC分類 389.11
  • Cコード C0039

内容説明

従来、日本文化研究の埓外におかれていたアイヌ文化を、日本文化の構造の一翼を担う基層文化としてとらえ、“アイヌ学”を提唱する梅原・藤村両氏のアイヌ研究総集編。

目次

日本学の方法―アイヌと沖縄の視点から
アイヌ研究の可能性
座談会を読んで
アイヌの古老に訊く
日本語の成立をめぐって
昭和十年代の二風谷―アイヌ研究の回想
アイヌ語と日本語
日本語の祖語をさぐる(シンポジウム)
“アイヌ学”の課題

出版社内容情報

アイヌ文化こそ日本の基層文化であるという仮説を提唱して10年?。アイヌ文化とその研究の重要性を、アイヌの古老や外国の研究者と語り合いながら、人類の未来を考えます。

●目次 はじめに 日本学の方法 アイヌと沖縄の視点から J・クライナー/梅原猛 アイヌ研究の可能性 K・レフシン/藤村久和/岡田路明 座談会を読んで 梅原猛 アイヌの古老に訊く 葛野辰次郎/浦川タレ/梅原猛/藤村久和 日本語の成立をめぐって A・スラヴィク/J・クライナー/梅原猛 昭和十年代の二風谷 アイヌ研究の回想 F・マライーニ/梅原猛 アイヌ語と日本語 片山龍峯 日本語の祖語をさぐる<シンポジウム> 梅原猛/片山龍峯/中川裕/藤村久和/吉田金彦 アイヌ学の課題 梅原猛/藤村久和 編者・参加者紹介 初出一覧