ナンギやけど…―わたしの震災記

ナンギやけど…―わたしの震災記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 174p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087752045
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0095

内容説明

震災に関するニュースを読んでいるうち、これはどうしても忘れないで、いい伝え、書き伝えしていきたいと思うことがたくさんあった。おびただしい量の情報がやがては忘却の中へ吸いこまれてしまう。それをよびもどし、字にとどめておきたかった。―震災直後の人々のやさしさと哀しみと友情を、自らも被災した著者が記録する感動の震災ノート。

目次

ナンギやけれど…
わたしの震災記

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とまと

1
阪神淡路大震災のチャリティー講演と書下ろしの震災記からなる。お聖さん自身の被災体験、自らの目で見た被災地、当時の新聞が伝えた状況、友人たちのエピソードなど。悲惨な現場を伝えると共に、感動や笑いも交えて書かれている。震災で愛が深まった夫婦もいれば、地震の時に夫が妻を飛び越えて逃げて妻が怒り、離婚寸前まで至った夫婦もいたそう。笑お聖さんが一貫して述べている「わが身をおかしがる」は、お聖さん特有のものでなく、関西人の素晴らしい性質なのね。2011/12/17

伊崎武巳

0
大変だと思った。2012/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/467432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。