集英社文庫<br> いちご同盟

個数:
電子版価格 ¥396
  • 電書あり

集英社文庫
いちご同盟

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年12月04日 01時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784087497571
  • Cコード C0193

内容説明

中学三年生の良一は、同級生の野球部のエース・徹也を通じて、重症の腫瘍で入院中の少女・直美を知る。徹也は対抗試合に全力を尽くして直美を力づけ、良一もよい話し相手になって彼女を慰める。ある日、直美が突然良一に言った。「あたしと、心中しない?」ガラス細工のように繊細な少年の日の恋愛と友情、生と死をリリカルに描いた長篇。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

263
リリカルな小説である。15歳(いちご)のころ、自分は何を感じ、どう生きていたのか記憶にないが、現代に生きる子供たちもぜひ一読したい一冊である。2010/05/03

HIRO1970

257
⭐️⭐️⭐️またまた子供の本棚から拝借。すっかり味を占めてしまいました。最近は自分が選ぶのよりセンスが良いのではないかと思い始めたりもします。もちろん子供は部屋に入るのを嫌がります。三田さんの著作初めて手に取りました。文句無しの名作でした。作品の世界に浸りきってしまい、当時の世間知らずでチョットしたきっかけで一喜一憂して、上手く自分の波に乗れると直ぐ有頂天になってしまった事等もあり有りと思い出しました。読後には何故か久しぶりに尾崎豊の唄がしばらく頭の中でリフレインしていました。気持ちいい本です。2014/12/18

zero1

227
【どうせみんな 死んでしまうんだ】そのとおり。だから人は【生きた証】を残そうとする。そして限りあるからこそ命は輝く。解説にもあったが、自分は物語のどこに存在している?野球部のエース徹也から試合の撮影を頼まれた良一。その映像は入院していた直美に見せるものだった。人は忘れるようにできている。そうしないと生きられない。でも、良一は直美のことを忘れない。良一の目線なら、「なぜ生きるか」という問い。「15歳の時に読みたかった」という人は、直美の父親の目線で読むといい。再読でも色褪せない。2019/02/15

優愛

146
四月は君の嘘のオマージュだと聞いて。ピアノを傍に生きる良一、病気に苛まれベッドの上で生活をする直美、直美を誰よりも知る野球少年徹也。ある日、直美が良一に言った「あたしと、心中しない?」どうしてだろう。人の生や死、恋愛、友情と心動かされることばかり詰め込まれた話なのに、ただただ静かに物音一つ立てないように彼等の日常が流れていくのは。十五歳…一見まだ子供のようで、でも実はすごく大人びている。そんな彼等の間に結ばれた同盟が百年先まで続きますように。直美の言った「好き」の二文字がずっとずっと響きますように。2014/11/06

Atsushi Saito

115
〈集英社文庫ナツイチ2016〉読了15作品目。 命、生き方、死について悩む15歳の少年少女3人。シンプルに淡々と進んでいく物語は、良一が終盤にベートーヴェンの「田園」を弾く様と深くリンクしてます。「けっして乱れない規則的なテンポの中に、激しいものがこめられている。命の鼓動だ。」 中条あやみのカバー文庫を買うんだい!と意気揚々と購入した15歳の倍の俺の姿を、良一たちには見られんくてホンマに良かった、、笑 年齢問わず読んで欲しい素晴らしい作品でした。2016/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/569535

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。