集英社文庫<br> 雨やどり

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり

集英社文庫
雨やどり

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月23日 02時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784087495669
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

舞台は新宿裏通りのバー街。「ルヰ」のバーテンダー仙田を主人公に、彼の前を通り過ぎて行く、いろいろな男と女の哀歓漂う人間模様を描き出す連作。直木賞受賞の表題作をはじめ、「おさせ伝説」「ふたり」「新宿の名人」など八篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

151
直木賞】新宿馬鹿物語という副題そのまま。新宿を拠点とする飲食店関係者の物語。短編連作。主人公はバーテンダーの千田。いろいろな人が店を出す話が出てくる。ママ、ホステス、マネージャ、パパ、警察。新宿の水商売の立場の違いと、興味の違いが分かる。ちょうど新宿御苑近くのJというjazz spotに行ったので、新宿の馬鹿さ加減とその裏にある苦労を感じることができた。新宿は日本で一番馬鹿な場所であることが滲み出ている。新宿に思い入れのない人には詰まらないと思えるかもしれない。2014/06/17

おしゃべりメガネ

150
初読みの半村良先生です。私が生まれる前年の昭和49年直木賞受賞作品でした。帯に書かれてる通り、まさしくこれ以上ないぐらい見事な『ザ・昭和』な小説です。作家さんには本当に気の毒で大変申し訳ないのですが、北海道にしか住んだことのない私には作中にたびたび描かれる新宿特有とも思える喧騒や街並みが、あまりイメージできず、とても残念でした。きっと「団塊の世代」といえる先輩方が読むとしっくりと馴染むんでしょうね。しかし、最近の作品では感じることの少なくなりつつある'筆(描写)で勝負'な感じは非常によく伝わりました。2017/02/19

いつでも母さん

115
【再読】昔はただ大人の世界・新宿への憧れだけで上っ面のみの読書だったと思う。『新宿』一度だけ呑みにいった街・・私の居場所はない。がこの歳になって半村良の描く『新宿』が心地よい。バーテンダー・仙田を芯においてはいるが、どの話も『昭和』を懐かしむと同じくらいすんなり心に沁みる。今の新宿裏通りがどんなのかは知らないが、どこかでこんな男たちや女たちが暮らしていて欲しいと思った。2017/03/05

遥かなる想い

91
第72回(昭和49年度下半期) 直木賞受賞  SF作家のイメージが 強い半村良が、新宿の バーを舞台に書いた 人情物短編集。 バーテンダー仙田を 軸に行き交う新宿の男女の 夜の人生を描く。なぜか 哀しいのだが、人生の機微を 知り尽くした大人の物語 のようで素敵である。 松本清張が 「O.ヘンリーの短編集を 読んでいるよう」と評した この本、人生を垣間見る 楽しさが確かにある 2013/08/12

財布にジャック

55
半村さんと言えばSFというイメージを、完全に打ち破るお話でした。なんと人情物なんですよ~!そして直木賞受賞作なんだそうです。新宿の裏通りのバーテンダーの仙田さんを巡る人間模様が素敵なちょっと大人の短篇集です。解説の「人生というものの正体をチラリと見せられたよう・・・」という言葉が、まさにドンピシャリなんです。古き良き昔の新宿のバー街に迷い込んでみたくはないですか?2010/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/445279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。