• ポイントキャンペーン

集英社新書
奇妙な情熱にかられて―ミニチュア・境界線・贋物・蒐集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203202
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0211

内容説明

世の中には、一見無意味なことや苦笑を誘うような事象があふれている。本書は、ミニチュア愛好、境界線へのこだわり、贋物への欲望、蒐集といった、きわめて個人的に見えるが、実は普遍的で、世間一般には「論ずるに足る」とは思われていないような心の働きについて論じるものである。人が心密かに抱いている奇妙な情熱や不可解な好奇心を考えることで、生きている手応え、人間の心理におけるリアリティーとは何かを探っていく。

目次

序章 リアルなものについて
第1章 健康なミニチュア、不健康なミニチュア
第2章 ミニチュアとしての文章
第3章 境界線という明快さ
第4章 贋物および瓜二つ
第5章 蒐集癖
終章 奇想について

著者等紹介

春日武彦[カスガタケヒコ]
1951年、京都府生まれ。日本医科大学卒業、医学博士。産婦人科医として六年間勤務の後、精神科医に転ずる。都立墨東病院神経科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

misui

11
再読。人が世界にリアリティを与えるやり方、生きている手応えを感じるための、だが他人からすればささやかで奇妙にも見えるそれを徒然に語る。「なぜか気になるもの」を追求すると硬直化した世界の皮膜がぺらりとめくれて実相が立ち上がってくるという、そんな例が集められていて、読む度に胸を打たれる。斜に構えているようでとてつもない切実さを持つ一冊だと思う。2015/03/15

IRS

4
タイトルの通り、こんなことして何になるんだろう、こんなに集めて、もし自分が死んだとき、遺された人は処分面倒だろうなとか思いながらも細々したものを蒐集することをやめられない。ミニチュアも大好きで、幼い頃から等身大(?)系のおもちゃよりもどこまでも小さなものに惹かれる傾向があったことを思い出した。最終章の蒐集の、箱についての記述はとても腑に落ちるものだった。春日先生の他の本も読みたい。2016/07/09

ebi_m

4
この人の著作を読むたびにその感性を好きだと感じるが、新書がこういうものを発表する媒体なのかは若干謎。まさに肌色の自動車のような新書。2009/01/01

dilettante_k

3
洋酒の小瓶、都区の境界、野球盤にトイレットペーパーの包装紙から立ち現れるリアリティー。著者の身の回りの経験や精神科医としての知見を踏まえ、一見して些末なモノや体験が一転して真実性を帯び、偏愛を呼び込む感覚の源泉を探るエッセイ。4つのテーマに則したいくつものエピソードが著者の思考をなぞり、真実性が「言葉」と「時間」に依拠することを解き明かす。コレクターは(著者自身も含めて)不完全な強迫神経症者だが、著者はそれを外界に向き合う人間の仕組みとして否定しない。日常的な奇想のありかを淡々とした語り口でつづる好著。2014/07/09

魔魔男爵

3
奇妙な物を蒐集する奇想を論考し生活感のリアリティを高らかに謳う人間賛歌の傑作。ダビンチのモナリザよりコルゲンコーワの店頭人形の方に熱いメッセージを感じる人達が存在する意義を照射する芸術論人間論の傑作。健全な人間よりキ○ガイの方が奥深くて面白いという視点に共感。本書で春日先生は自動車運転免許を持ってない事を告白しておられるが、春日先生は古臭いジェンダー観を超越している素晴しい人である。俺は人々を救うお医者様だと偉ぶらずに、B級の存在、マイナリティへの愛が溢れる春日先生の生きる姿勢は素晴しい。私の理想の人物だ2012/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/467672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。