• ポイントキャンペーン

集英社新書
韓国のデジタル・デモクラシー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203011
  • NDC分類 312.21
  • Cコード C0231

出版社内容情報

隣国の政治とメディアの「今」を理解する!
廬武鉉政権の誕生に大きく寄与した隣国のネット市民たち。「オーマイニュース」をはじめとするインターネット新聞や政治批評サイトの動向を、済州島出身の俊英がコンパクトに解説した注目の一冊。

内容説明

韓国では現在、世界でも稀有なデジタル・デモクラシーの実践が試みられている。「オーマイニュース」をはじめとするインターネット新聞や「ソプライズ」のような政治批評サイトは、二〇〇三年の廬武鉉政権の誕生や〇四年の大統領弾劾政局に多大な影響を与え、その勢いは、いまや主流メディアであるテレビや大手新聞にも劣らないといわれている。本書は、ネティズン(ネット市民)による電子民主主義文化が隣国で花開いた背景を解き明かしながら、民主化運動の歴史と現在を描いたものである。韓国政治とメディアの「今」を理解するための、コンパクトな一冊。

目次

序章 韓国政治でいま何が起きているのか
第1章 電子民主主義前史―軍部独裁から権威主義的民主主義へ(一九六〇年代~九〇年代)
第2章 インターネットと大統領選挙―言論権力vsインターネット権力(二〇〇二年)
第3章 市民社会の変容―新政権発足下の保守勢力(二〇〇三~〇四年)
第4章 弾劾政局と復活する市民パワー―激化する新聞と放送の対立(二〇〇四年)
第5章 オンライン・デモクラシー―韓国政治の現在と未来
終章 インターネットは権力か

著者等紹介

玄武岩[ヒョンムアン]
韓国済州島出身。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。東京大学大学院情報学環助手。専攻は社会情報学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HALI_HALI

0
韓国における2004年の大統領選挙の話し。世界初のデジタル・メディアを活用した選挙として大いに注目を浴びたらしい。 問題は多かったが、従来の3大新聞社の偏向報道や政治汚職追求などで大きく前進した。 最初から完璧は無理。大きい青写真を持ったうえで、試行錯誤をしながら変えていかないと。2012/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/361531

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。