• ポイントキャンペーン

集英社新書
覇権か、生存か―アメリカの世界戦略と人類の未来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 349p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202601
  • NDC分類 319.53
  • Cコード C0231

内容説明

アメリカの覇権戦略は、多くの国々の市民の命を奪ってきた歴史を持っている。しかし、無辜の人びとの血がどんなに流されても、それがアメリカやアメリカの支援する国家の行為である限り、テロと呼ばれることは少ない。なぜなのだろうか?いまアメリカは、史上最強の軍事力を持つ国家として、覇権をいっそう押し進めようとしている。しかしそれは同時に、多くの人びとの生存を危うくする道程にもなっているのだ。アメリカの覇権戦略の現在と未来を、その歴史的経緯をたどりながら詳細に分析し、揺るぎない視点から国際社会のあり方と人類存続への方途を探る、チョムスキーの集大成ともいえる書。

目次

第1章 優先事項と展望
第2章 帝国の壮大な戦略
第3章 啓蒙の新時代
第4章 危険な時代
第5章 イラク・コネクション
第6章 優位ゆえに陥る窮地
第7章 憎悪の大釜
第8章 テロリズムと正義―自明の理とされていること
第9章 つかのまの夢悪なのか?

著者等紹介

チョムスキー,ノーム[チョムスキー,ノーム][Chomsky,Noam]
1928年米国ペンシルヴェニア州生まれ。マサチューセッツ工科大学教授。言語学者として生成文法理論を打ち立てて一時代を築く一方、詳細な事実を鋭く分析し、米国の政策に厳しい批判の眼を向けてきた

鈴木主税[スズキチカラ]
東京生まれ。出版社勤務の後、フリーランスの編集者を経て、翻訳家。翻訳グループ牧人舎代表。マンチェスター『栄光と夢』で翻訳出版文化賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぃすか

12
とりあえず大多数の人間が、アメリカめーわく!と思ってるということでOK? 文章が激烈ニヒリスティック。いっそ清々しい。すごく皮肉っぽいです…。人権と民主主義を唱えつつ、やってることは…みたいな。気付いててやってるのか、それとも本気で自分たちに正義があると信じているのか。どちらにしろタチが悪い。「民主主義」を受け入れない人々には「人権」は認められないんですかねー。読んでるうちにテロリストを応援したくなるという恐ろしい本でした……。2005/05/09

おらひらお

3
2004年初版。最大のテロ国家はアメリカであることを示した一冊2017/03/03

ばんぶー

3
日米安保のアメリカとしての意味は、こういうことだったのか!とちょっと遅いけど、この本のおかげで理解できました。なんで経済条項がくっついているのか、いままで実はよく理解していませんでした。国家テロはじめ暴力に関する内容は、おぞましさに胸がムカムカして読み進めるのは大変ですが、それでも出来る限り多くの人に読んでほしいと思います。2010/07/29

なかがわみやこ

2
メジャー誌に取り上げられなくても、こうやってマスと呼べる数に伝わるのは英語の強みだと思う。いち日本人の考えって世界に届いてないよね。2010/11/11

大竹 粋

1
チョムスキーは皮肉が効いている文章にキレがあって好きです。最後の1ページに希望が、示されているか、皮肉の体言止めがないのはこのページくらい。この著述後にまさにソーシャル革命が各地で起きたことは感慨深い。2014/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6749

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。