集英社新書
「面白半分」の作家たち―70年代元祖サブカル雑誌の日々

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202045
  • NDC分類 051
  • Cコード C0295

内容説明

七〇年代を象徴するサブカルチャー・マガジン「面白半分」は吉行淳之介、野坂昭如、開高健、五木寛之、藤本義一、金子光晴、井上ひさし、遠藤周作、田辺聖子、筒井康隆、半村良、田村隆一が交代で編集長を務めた。この雑誌の発行人だった著者は、吉行とパチンコをし、野坂と「四畳半襖の下張」裁判の被告席に座り、開高とキリタンポを食べ、五木と「日本腰巻文学大賞」を創り…十二人の文学者たちと、足掛け十年間雑誌を作り続けた。本書は、若き編集者だった著者が、魅力的な個性たちと共有した「面白半分」の日々を描いた実況ライブスケッチである。

目次

第1章 「オモシロ」と「マジメ」のあいだ(暖炉;随舌 ほか)
第2章 「わいせつ」と「表現」のあいだ(学歴詐称とベストセラー;精密な記憶力と独自の観察眼 ほか)
第3章 「苦さ」と「甘さ」のあいだ(おもしろさのエキス;『新しい天体』追体験 ほか)
第4章 「腰巻」と「風」のあいだ(電話;日本腰巻文学大賞 ほか)

著者等紹介

佐藤嘉尚[サトウヨシナオ]
1943年秋田県生まれ。エッセイスト・編集者。慶応義塾大学文学部国文科中退。71年株式会社面白半分を設立、月刊誌「面白半分」を創刊し、80年まで発行する
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

山田太郎

39
筒井・半村の時が読みたかったけど、ほとんど書いてない。編集長やめてペンション経営というのはなんか愉快。今この手の雑誌作っても多分全然売れないんだろうな~2014/04/21

bakumugi

2
70年代元祖サブカル雑誌「面白半分」に関わった作家たちの素顔、雑誌制作エピソードに触れられる本。吉行淳之介、五木寛之、開高健の人となりを知って楽しみたいならこの本。金子光晴と四畳半裁判のエピソードについて読みたいなら平凡社新書のほうがおすすめ。個人的に、著者と開高健に縁のある館山のホテルに投宿したこともあり、雑誌と著者に縁がなかったのが残念。団塊の世代が語ると素直に肯けないが(失笑)、70年、いい時代だったんだな。

マーク

1
36 とても面白く読んだ。半分以上。ワシはこういう生き方、したかったのかなあ。羨ましい。 ●吉行淳之介 ●開高建 日本三文オペラ ●五木寛之 風の王国 ●高恵美子 開高建の愛人?大変な美人。開高没後、1年で自死。五年後娘の開高道子、自死。妻、牧羊子、孤独死。 2021/01/30

ほたぴょん

1
今となっては隔世の感があるが、かつて紙媒体の雑誌が世間をリードし、時に大きなムーブメントを起こしていた時代があった。自分の年代では「ビックリハウス」や初期の「HotdogPress」あたりがすぐに頭に浮かぶが、それよりも前の世代の代表格が「面白半分」と言っていいと思う。その「面白半分」の編集者による回顧録が本書。連載や作家の内容に斬りこむものではないが、当時の雰囲気は伝えていると思う。親交の程度によるものかと思うが、中では初代編集長である吉行淳之介にまつわる思い出話が出色。2019/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/45417

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。