集英社新書<br> 賭けに勝つ人嵌る人―ラスベガスと日本人

集英社新書
賭けに勝つ人嵌る人―ラスベガスと日本人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087201352
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0276

内容説明

カジノの街として知られ、発展し続ける都市ラスベガス。訪れる日本人旅行者の数も、年々増える一方だ。しかし、自国内に合法的なカジノがないこともあり、多くの日本人がラスベガスでは苦い思いをしている。日本人が陥りやすい過ちとは何か?賭けで日本人が勝つためにはどうすればよいのか―。本書は、詳細なラスベガス取材と人間観察に基づきながら、特に日本人ビギナーのために、「天・地・人」の観点から、ギャンブルで勝負を決めているものは何かという、永遠の問いを読み解こうとする。勝つ人と負ける人の差はどこから生じるのか、豊富な事例をもとに追究していく。賭けの快楽を知るための、楽しく読める実践的処方箋。

目次

第1章 地の巻―「地の利」を知って勝つか、知らずに負けるか(成功と失敗の宝庫;勝とうとさえ思わない人―本気で勝つ気がないならラスベガスに行くな;二つ三つと財布を使い分けない者は、大ケガをする ほか)
第2章 人の巻―「人の運」を呼び込んで勝つか、逃して負けるか(チャンスのすぐ側にいるのに気づかない人;チャンスとは、いつも思いがけないところにあるもの;運がいいか悪いか―「楽しそうじゃない顔をしてたら、まずダメよね」 ほか)
第3章 天の巻―「天の時」とは勝負所、見極めて勝つか、逃して負けるか(見えないところにこそ勝負所がある―日本人に立ちはだかる「ブラフ(bluff)」
勝負の「旬」にこそ、全てを賭けよう
勝つための基本は「ピークを撃つ」こと ほか)

著者等紹介

松井政就[マツイマサナリ]
1966年長野県生まれ。中央大学法学部卒。作家・ジャーナリスト。賭けに関する研究を行う組織「宝くじ地震研究所」所長。取材・執筆活動の傍ら、自身もカジノプレイヤーとして海外を転戦。専門は賭けをテーマにした社会学。日本カジノ学会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ふーいえ

2
ギャンブルが形成する文化、能力はありそう。2018/05/28

メイロング

2
植島さんの弟子! なるほど、納得! 経験に裏づけされた主張がこんなに面白いなんて。読み終わるとラスベガスから帰ってきた感じがするあたりは、まるで紀行文のよう。全編で日本人ディスりまくりだけど、現地ではそんなにひどいのか。いろいろメモして手元に残しておきたい本。2013/02/11

フェアウェイ

0
グッド。2017/11/14

aki

0
some people let golden chances pass them by 勝つために賭ける。情報を集め、状況を分析し、不思議な傾向をつかみ、機を逃さず、適切に賭ける。文字にすると当たり前のことであるが、同じ状況ではそれが難しい。夢みることと掴むことには大きな隔たりがある。ラスベガスについて書かれた本だが、FXトレーダなど短期投資家にオススメ★4.52017/10/28

AM

0
ツン読本整理のためにナナメ読み。小見出しをざっと眺めてるだけで面白い一冊。どの世界でも原理原則は一緒だなと思い知らされます。深いです…2016/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/361183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。