集英社新書<br> 蛇頭と人蛇(ヤンセ)―中国人密航ビジネスの闇

  • ポイントキャンペーン

集英社新書
蛇頭と人蛇(ヤンセ)―中国人密航ビジネスの闇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 186p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087201017
  • NDC分類 329.94
  • Cコード C0236

内容説明

たとえば中国大陸の片田舎の村から、彼らは危険を冒してやってくる。「人蛇」と呼ばれる中国人密航者たちは、「蛇頭」の手引きによって海を渡り、社会の闇にその身を隠す。年収何十年分の借金をしてまで、彼らが得ようとするものは何か。ボーダーレス社会といわれる現実の、避けられないもうひとつの形が、そこには垣間見える。改革開放政策、天安門事件、市場経済化の90年代を経て、変貌しつづける中国。バブル経済の根深い歪みを脱しきれない日本。―福建省、ニューヨーク取材も交えながら、密航ビジネスの当事者たちの実態に迫る。

目次

序(新設された「不法在留罪」;蛇頭というシステム ほか)
第1章 海を越える“黄金夢”―一攫千金を夢見た密航者たちの地獄(若者のスローガンは“下海”;老華僑と新移民 ほか)
第2章 人蛇のプッシュ要因とプル要因―改革開放が後押しする密航・村おこし(福建のアメリカ村;“金山の客”の里帰り ほか)
第3章 現代蛇頭と中国人集団密航事件―「カネがあれば命はいらない」(蛇頭第一世代から第二世代へ;海の黄金三角地帯の利権争い ほか)
結び 日本社会を変える安価の労働者―三K職場と新三K問題(「落葉帰根」から「落地生根」へ;工頭の登場と新三K問題 ほか)

著者等紹介

森田靖郎[モリタヤスロウ]
1945年兵庫県生まれ。関西学院大学経済学部卒。ノンフィクション作家。文化大革命から天安門事件そして改革開放と、激しく変貌する中国の同時代をテーマにしたルポルタージュ作品が多い
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴろし

0
蔵書印ぽち。2015/01/24

depo

0
いかに多くの密航者が日本に入ってきていることか!!2019/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/255013

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。