集英社新書
オペラ楽園紀行

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087200935
  • NDC分類 766.1
  • Cコード C0273

内容説明

オペラが空前の人気を博し、多くのオペラ劇場が誕生した十九世紀ヨーロッパ。それは同時に、人々が楽園に熱烈な憧れを寄せ、その想いを非日常の世界であるオペラの舞台に投影していった時代でもあった。厳しい現実から懸命に逃れようとする一方で、彼らがむさぼるように夢見た楽園とは、いったい何だったのだろうか。『カルメン』、『魔弾の射手』、『椿姫』、『タンホイザー』―“オペラの時代”が生みだした様々なかたちの楽園を、ひとつひとつ旅してゆくことにしよう。

目次

序章 蘇る楽園
第1章 『カルメン』
第2章 『魔弾の射手』
第3章 『椿姫』
第4章 『アフリカの女』
第5章 『タンホイザー』
第6章 『アラベッラ』
第7章 『ヴォツェック』

著者等紹介

小宮正安[コミヤマサヤス]
1969年東京生まれ。東京大学大学院欧米系文化研究専攻博士課程満期単位取得。現在、東京芸術大学、中央大学、立教大学で非常勤講師を務める。専門はドイツ文学、ヨーロッパ文化史
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

あくび虫

2
書き方自体も面白かったし、切り口も興味深いものでした。内容そのものについては、それほど深入りしないのでテンポが良いです。だからと言って説明足らずなわけではないし、予備知識ゼロでも問題ありません。実際、私がそうですし。――そして、テーマである「楽園」。オペラの本ではあるものの、それを通して観客たちの背景が見えて来る気がします。どんな時代に、なにを求める人がいたのか。その中で、オペラは、「楽園」は、どんな役割を担ったのか。不思議なほど生々しく感じられます。2016/08/08

kaizen@名古屋de朝活読書会

1
主要なオペラの解説。 カルメン、魔笛の車種、椿姫、タンホイザー の4つは、テレビでみたことがあるので、参考になりました。 見たことがないものは、あまり興味が湧きませんでした。 DVDを見ながら読むのがよいかもしれません。 オペラハウスへオペラを見に行かれる方は、別の感想があると思います。2011/05/13

のほほんなかえるさん

0
この新書シリーズにしては出来のいい本だ。オペラを楽園という視点で切り出して見せるところはなかなか秀逸である。各作品に対するアプローチも面白い。扱われている作品:「カルメン」「魔弾の射手」「椿姫」「アフリカの女」「タンホイザー」「アラベッラ」「ヴォツェック」。近代から現代へ西洋世界が夢描いた楽園を喪失していく過程がオペラでも体感できる。2011/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/255036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。