集英社新書
猛虎伝説―阪神タイガースの栄光と苦悩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087200782
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0275

内容説明

甲子園に響き渡る『六甲おろし』は常にファンの心を熱くしてきた。どんなに敗れても今日もスタンドに歓声は湧く。一九三五年の創立以来、数々の名選手を生み出し、幾多の名試合を演出してきたタイガースの栄光の記録。そして、その陰で繰り広げられた苦悩に満ちた球団内部の軋轢の歴史。タイガースをこよなく愛する虎フリークの著者が、豊富な資料を駆使して描く、猛虎伝説。阪神タイガースのファンのみならず、日本プロ野球を愛するすべての人たちに贈るオマージュ。君は、「猛虎」を見たか。

目次

第1章 大阪タイガース誕生―1935~1944
第2章 ダイナマイト打線―1945~1958
第3章 巧投小山、熱投村山―1959~1966
第4章 豪腕江夏、ホームラン・アーティスト田淵―1967~1983
第5章 奇跡のシーズン―1984~

著者等紹介

上田賢一[ウエダケンイチ]
1949年和歌山県生まれ。毎日放送、FMラジオなどの番組構成者を経て、以後、数多くのラジオ局で音楽番組の構成やプロデュースを手掛ける。’90年「国際花と緑の博覧会」でFMプロデューサー。また主に男性誌でライターとしても活躍。著書に「上海パノラマウォーク」、訳書に「悪魔と踊れ―ローリングストーンズ物語」など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

オオサキ

9
阪神ファンですが知っているのは177ページからの『奇跡のシーズン』から。景浦も、吉田義男(フルネームで言いたくなる)も、村山も、江夏も田渕等のスター選手もリアルタイムで知りませんし、長い間最下位でいたのも事実ですが、85年の日本一が心の中にあるからファンでいられるんです。書かれたのが2001年なんで、03年の優勝には触れられていませんが、それ以降優勝争いに絡みながらも毎年出来ない、モヤモヤ阪神についても続編で書いて欲しいです。「春団治」川藤さんにこんなドラマがあったとは知らなかった。また好きになりました。2015/12/22

Gen Kato

0
タイガース暗黒時代に書かれた一冊。もはや1985年を超える奇跡は生まれないのだろうか…2015/06/01

rinko6

0
阪神内で起こった出来事を知ることができた。優勝の章ではつい泣きそうになってしまった。私もその時代に生きて、あの1985年を共に味わってみたかった。増補版も出ているとは知らなかったので、また探してみたい。2012/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/794795

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。