講談社現代新書<br> 「脳疲労」社会―ストレスケア病棟からみえる現代日本

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

講談社現代新書
「脳疲労」社会―ストレスケア病棟からみえる現代日本

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月16日 05時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062883498
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0211

内容説明

脳疲労はうつ病のサイン。全国初のうつ病専門病棟を開設した医師が日本の病理を抉る!

目次

第1章 現代日本と脳疲労
第2章 脳疲労の見分け方
第3章 脳疲労はなぜ起こるのか
第4章 うつ病にかかったとき―診断と治療のいま
第5章 脳疲労対策とうつ病予防
第6章 ストレスを生み出さない組織になるために

著者等紹介

徳永雄一郎[トクナガユウイチロウ]
1948年福岡県生まれ。昭和大学医学部卒業、福岡大学大学院医学専攻科(精神分析学)修了。現在、医療法人社団新光会理事長、不知火病院院長、福岡大学医学部臨床教授。日本ストレスケア病棟研究会会長。1989年、日本で初めてうつ病専門病棟「ストレスケアセンター・海の病棟」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

あなたのストレス度は? 長時間のパソコン作業、上司との関係、クレーマー対策……。日本初のストレスケア病棟からみた現代日本。
 1新聞をあまり読まない、見出しに目を通すぐらいになった
 2テレビを見なくなった、見ても笑わない
 3食欲が低下して、好物に箸をつけない
 4休日の外出を嫌がるようになった
 5家でもくつろげず、落ち着かない
 6家族との些細なやり取りにイライラする
 7ちょっと動いただけで疲れたと言う
 8起床時間が遅くなってきた
 9朝の身支度にも時間をかけない……

 以上のポイントに多く当てはまる場合、前うつ状態=脳疲労にあるかもしれません。約1000万人の勤労者が陥っているともいわれる脳疲労。長時間の労働、職場での人間関係からストレスをためこみ、判断力、集中力が低下してしまいます。肉体疲労とちがって、なかなか疲れを実感できないうちに、気づいたら症状は悪化し、うつ病に至るというケースはじつに多くあります。
 全国ではじめてストレスケア病棟を開設した医師が、ストレスの原因、対策を説き、脳疲労という現代日本が抱える病理を描き出します。

第一章 現代日本と脳疲労
第二章 脳疲労の見分け方
第三章 脳疲労はなぜ起こるのか
第四章 うつ病にかかったとき――診断と治療のいま
第五章 脳疲労対策とうつ病予防
第六章 ストレスを生み出さない組織になるために


徳永 雄一郎[トクナガ ユウイチロウ]
著・文・その他