講談社+α文庫<br> トヨタvs.ベンツvs.ホンダ―世界自動車戦争の構図

講談社+α文庫
トヨタvs.ベンツvs.ホンダ―世界自動車戦争の構図

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 484p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062565837
  • NDC分類 537.09
  • Cコード C0195

内容説明

自動車産業はいま、歴史的な転換期にある。数年前まで三十数社あった世界の主要な自動車メーカーは六大グループのGM、フォード、トヨタ、ダイムラー・クライスラー、フォルクスワーゲン、ルノー・日産に統合され、残る中規模のメーカーはBMW、ホンダ、プジョー・シトロエンになった。より規制がきびしくなる地球環境対策にトヨタ、ベンツ、ホンダのマッチレースが激化!代替エネルギー車開発の覇権を握るのはどこか。カウントダウンがはじまった。

目次

序章 日・米・独のサバイバル戦争
第1章 復興、躍進と日本車の台頭
第2章 問われる企業責任
第3章 “ビッグ3”の憂うつとバブル日本
第4章 戦略と組織の大改革
第5章 戦場はアジアへ
第6章 安全という名の企業戦略
第7章 “夢の自動車”プロジェクト
終章 自動車時代の文明史的転換

著者等紹介

前間孝則[マエマタカノリ]
1946年、佐賀県に生まれる。法政大学を中退。石川島播磨重工の航空宇宙事業本部技術開発事業部でジェットエンジンの設計に20年間従事する。1988年、同社を退社
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もんき

0
タイトルにあるトヨタとベンツとホンダだけでなく、GMやクライスラーなど殆どの自動車会社が登場します。トヨタのカイゼン、ホンダの独自路線、面白いですね。こないだ読んだカメラの本でもそうでしたが、日本とドイツとアメリカの争いって面白い。ドイツがかっこよくて、日本がかしこくて、アメリカがつよい。それぞれが特長を活かして競争して、世の中がもっと面白くなればいいなあと思いました。2013/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/181833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。