講談社+α文庫<br> 撃滅 山口組VS一和会

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

講談社+α文庫
撃滅 山口組VS一和会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月25日 00時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062564458
  • NDC分類 368.5
  • Cコード C0195

内容説明

“日本のドン”田岡一雄亡きあと四代目山口組組長の座をめぐり、竹中正久四代目に反旗を翻した山本広ら反竹中派は一和会を結成、日本最大の広域暴力団山口組はついに分裂した。「不逞不遜」として山口組から絶縁処分を受けた一和会は、襲名わずか202日の竹中四代目を襲撃、射殺する。山口組対一和会の、血で血を洗う抗争が始まった…。関係者の証言と綿密な取材で描く、溝口敦の山口組シリーズ第4弾。

目次

第1章 殺害された竹中正久
第2章 「山口組解体作戦」
第3章 不在の四代目組長
第4章 山口組分裂
第5章 山口組に政治的ニーズなし
第6章 連合の時代を生きる山口組
第7章 大阪戦争前夜
第8章 三代目組長狙撃
第9章 抗争としのぎの世界
第10章 私的暴力の終焉