数字と踊るエリ―娘の自閉症をこえて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062169158
  • NDC分類 916

内容説明

「4に9から手紙が来ました。今日はダンスパーティーがあります。4が踊ってるるるるるー。6は登ってるるるるるー」歌いながらお絵描きするエリ。彼女に下った診断は「自閉症」―。まさか、自分の娘が―。病床の妻、壊れゆく生活、すべてを背負って臨床心理士の父は愛娘の障害に挑み続けた。自閉症と言われた我が子が家族の力で驚異的な成長をとげるまでの9年間の記録。

目次

1 おののきの日々―そして児童精神科へ
2 暗中模索―妻への告白
3 エリの方位なき世界―入学へのカウントダウン
4 教室の異邦人―自閉カプセルの中のエリ
5 真夏の攻防―果てしなき羅列
6 亀裂―足並み乱れる療育チーム
7 共に地上を歩む者―よみがえる感情

著者紹介

矢幡洋[ヤハタヨウ]
1958年東京生まれ。京都大学文学部哲学科心理学専攻を卒業。臨床心理士、矢幡心理教育研究所代表。沖縄の精神科病院で心理士として勤務ののち、東洋大学、西武文理大学などの講師を経て、桜美林大学アカデミー講師。テレビなど、メディアでのコメンテーター活動も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

娘が自閉症と言われた日、全てが変わった。精神科医の診断が下った日から、家族の苦闘が始まった。身を削って行う療育の果てに希望は見えるのか? 愛娘の回復までを綴った、奇跡の本格ノンフィクション。