霞が関 影の権力者たち

霞が関 影の権力者たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 359p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062080347
  • NDC分類 317
  • Cコード C0095

内容説明

「国家の大計はわれわれが決める」―省益第一を死守し、政治家をあの手この手で術中にはめ込む洗脳術。官僚の「組織の掟とマニュアル」とは。官僚支配の迫真ドキュメント。

目次

第1章 政治家を育てて“殺す”大蔵省の洗脳
第2章 人・モノ・カネ=外務省の「大国」への独走
第3章 外圧まで動員した「統廃合つぶし」の搦手
第4章 天皇家の憂鬱をさらに深めた“内と外”の力
第5章 北朝鮮が激怒した“お役所仕事”の顛末
第6章 人の痛みを通さない組織の掟とマニュアル
第7章 官僚の頂点・官房副長官の根回しと情報操作

出版社内容情報

政治家たちが官僚にいいように手玉にとられている様がよく見える。日本の権力の真の所在は官僚なのである。そして官僚のパワーの源泉になっているのが、情報の独占である。与党三党の行政改革プロジェクトチームが、九十二もある特殊法人を統廃合しようということで、その監督官庁からヒアリングしようとしたが、官庁側はしめし合わせてボイコット.....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』91頁、より)