講談社文芸文庫
1946・文学的考察

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061984479
  • NDC分類 904
  • Cコード C0195

内容説明

一九四六年・敗戦翌年、「マチネ・ポエティク」のメンバー加藤・中村・福永の共同執筆により「世代」に連載された時評は、新しい時代の新しい文学を予告した。時代を超えた評論は日本近代文学史上必読の書となり、なお不動の地位にある。

目次

新しき星菫派に就いて
ペトロニウスの饗宴
文学の交流
田舎からの手紙
ダンテの『地獄』と僕たちの地獄
或る時一冊の亡命詩集の余白に
二つの現実
一九四五年のウェルギリウス
もう一人のモオリヤック
焼跡の美学〔ほか〕

著者等紹介

加藤周一[カトウシュウイチ]
1919・9・19~。評論家、小説家。東京生れ。府立一中、一高を経、1940年東大医学部入学。46年「世代」に中村らと「カメラ・アイズ」執筆。51年医学留学でフランスに滞在。ヨーロッパを観察、帰国後文学・文化・社会全般に亘る評論を発表、日本文学論の中心的存在となる。著書に『日本文学史序説』(大仏次郎賞)など

中村真一郎[ナカムラシンイチロウ]
1918・3・5~1997・12・25。小説家、評論家。東京生れ。東大仏文科卒。1942年、福永、加藤らと“マチネ・ポエティク”を結成。47年『1946文学的考察』を刊行。『死の影の下に』で戦後派作家として認められ、以後小説、詩、評論等多分野で活躍。王朝文学、江戸漢詩にも造詣が深い

福永武彦[フクナガタケヒコ]
1918・3・19~1979・8・13。小説家。福岡県生れ。東京開成中学、一高、東大へ進み、中村真一郎とは中学以来の同期。42年文学グループ“マチネ・ポエティク”結成。45年肋膜炎で北海道に疎開。46年「世代」に中村・加藤と時評執筆。47年病気再発により清瀬の療養所に入る。『ゴーギャンの世界』(毎日出版文化賞)『死の島』(日本文学大賞)などの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

7
敗戦の翌年、マチネ・ポエティクのメンバーによる共同執筆により出版された時評は、当時新しい時代の新しい文学を予告した。そして70年近く経った今も決して色褪せず、当時の風(それぞれの情熱)が伝わって来る。1946年・文学的考察は、確かにある意味政治的ラディカリズム(急進主義)と文学の古典的概念が共存しえるということの証言でもある。その文体や表現に三人(加藤・中村・福永)の個性が表れており、各章誰の筆か想像するのもまた楽しく、熱い思いの伝わる一冊だった。 2015/01/04

ハイザワ

2
作家こそが人間的に成熟し、人間を見なければならない(しかし作品においては作家≠登場人物という態度を守らなければならない)といった態度を、戦前の知識人被れ、旧弊的な文壇を徹底的に批判しながら表明していく。全体的に圧力が強い。加藤周一の文章は特に尖っていた。2016/10/15

Masa

0
若き俊才の熱い思い、それぞれの後の作品に繋がる精神が溢れている。2016/09/12

今野ぽた

0
戦後について言及したところだけかいつまんで読んだ2014/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22136

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。