講談社文芸文庫<br> 小林秀雄対話集

個数:

講談社文芸文庫
小林秀雄対話集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月28日 10時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 386p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061984165
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

近代日本最高の知性が語る美の真実と人生の妙味

日本を代表する最高の知性・小林秀雄が、戦後に残した歴史的対話12篇――。坂口安吾、正宗白鳥、青山二郎、大岡昇平、永井龍男、河上徹太郎、三島由紀夫、江藤淳、中村光夫、福田恆存、岩田豊雄、田中美知太郎の12名を相手に、文学、美術、作家の生き方等、多彩なテーマを自由闊達に語り合い、人生の妙味と真実に迫る感銘深い1巻。格調高い精神のドラマが交響する第一級の文学史的資料。

小林秀雄
美術や音楽は、僕に文学的な余りに文学的な考えの誤りを教えてくれるだけなのだ。妙な言い方だがね。文学というものは文学者が普通考えているより、実は遥かに文学的なものではない。僕はそういう考えを持つに至った。この考え方は文学的ではないか。せいぜいそんな考えに達するのに高い価を払ったものさ。考えてみれば妙な世界だよ。――<「伝統と反逆」より>

小林 秀雄[コバヤシ ヒデオ]
著・文・その他

秋山 駿[アキヤマ シュン]
解説

内容説明

日本を代表する最高の知性・小林秀雄が、戦後に残した歴史的対話十二篇―。坂口安吾、正宗白鳥、青山二郎、大岡昇平、永井龍男、河上徹太郎、三島由紀夫、江藤淳、中村光夫、福田恆存、岩田豊雄、田中美知太郎の十二名を相手に、文学、美術、作家の生き方等、多彩なテーマを自由闊達に語り合い、人生の妙味と真実に迫る感銘深い一巻。格調高い精神のドラマが交響する第一級の文学史的資料。

目次

伝統と反逆(坂口安吾)
大作家論(正宗白鳥)
「形」を見る眼(青山二郎)
現代文学とは何か(大岡昇平)
批評について(永井龍男)
美の行脚(河上徹太郎)
美のかたち(三島由紀夫)
誤解されっぱなしの「美」(江藤淳)
白鳥の精神(河上徹太郎)
文学と人生(中村光夫;福田恆存)
日本の新劇(岩田豊雄)
教養ということ(田中美知太郎)

著者等紹介

小林秀雄[コバヤシヒデオ]
1902・4・11~1983・3・1。評論家。東京生まれ。東京帝大卒。1924年、『ランボー作品集』に出会い、文学の出発点となる。29年、「改造」の懸賞評論で「様々なる意匠」が二席に入選。翌年から「アシルと亀の子」などの文芸時評を始め、プロレタリア文学の観念性を衝き、批評家としての地位を確立。それは同時に、近代批評の創始でもあった。以降、昭和文学のひとつの中心をなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ももたろう

27
「ロシアという、外国には違いないんだけれども、あの頃は実際に外国と思って読んでないんだ。みんな自分の事だと思って読んだからな。勝手な読み方をしているわけだが、一向勝手だとは思わない」(小林秀雄)2017/03/25

fseigojp

16
難解きわまる初期批評とは、また違って文壇きっての対話名人の面目ここにあり2015/08/18

tieckP(ティークP)

6
再読。どうも現代では感想という行為への評価が下がっていて、感想ではくだらないことを言おう、頭の良いことは論文という(多くは無縁の)世界に任せようという態度が広まっている。でも小林のこれは磨き上げた感想である。これを楽しめないひとの多くは「感想にしては賢すぎるからありえない」「しかし論文にしてはいい加減すぎる」となるのでは。確かにいまは賢すぎる感想は求められず、感想は凡庸な感想を共有して共同体の一員になるため用いられているけど、感想を感想のまま磨き上げるということに憧れるひとにならきっと響くものがあるはず。2019/04/08

Haruka Fukuhara

4
坂口安吾との対談をまず読んだ。次に三島との対談を読んだ。江藤淳との対談を読んで河上との対談を読んだ。それぞれ内容が濃くて興味深かった。2017/02/04

Tomoichi

4
正宗白鳥との対話が一番面白い。小林秀雄は脳みそを刺激してくれます。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580347

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。