• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
袋小路の休日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061983885
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

世に捨てられ老残の人生を送る著名な元雑誌編集者、不遇な映画監督、漂流する中国人青年、不器用なテレビ・タレント、都電、急激に変貌する東京の街…。一九六〇年以降、喪失してしまった日常の深部の塊は、雑文書きを狂言回しにして増殖してゆく。「隅の老人」「北の青年」「路面電車」「ホテル・ピカディリー」「街」など“時代の違和”を描く連作短篇小説七篇。

著者等紹介

小林信彦[コバヤシノブヒコ]
1932年(昭和7年)生まれ。1951年(昭和26年)4月、早大文学部英文学科に入学。1959年(昭和34年)宝石社「ヒッチコック・マガジン」編集長。中原弓彦名義で活動。テレビの仕事を数多く務める。1973年(昭和48年)3月、『日本の喜劇人』芸術選奨新人賞を受賞。1978年(昭和53年)1月、「キネマ旬報」連載の「小林信彦のコラム」で読者賞を受ける。2004年(平成16年)4月、『花と爆弾―人生は五十一から6』(文芸春秋)刊行
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みーまりぽん

9
一時期もてはやされ、やがて役割を終え用済みとなりフェイドアウトしていくものたちへのレクイエム集、といったところか。対象は人物であったり路面電車であったり街であったり。 小林信彦さんというとおそらくエンタメ系作家のイメージが強いかもしれないけれど、よく考えたら「日本の喜劇人」「世界の喜劇人」ぐらいしかちゃんと読んでなかったみーまりぽんであった。積んであるから許して。 この作品自体は珍しく喜劇要素ゼロに近い。でも、最後の自作年譜がちょっと面白かったー  あと、何度も言ってるが「虚栄の市」を読んでみたいな~2014/11/12

アメヲトコ

5
昭和55年の作品。著者自身をモデルにしたとおぼしき中年の物書きを主人公とした短編集。共通するモチーフは高度経済成長のなかで失われていくものへのノスタルジーで、なかでも時代に取り残された一人の編集者(実在のモデルがいるらしい)を描いた「隅の老人」が印象的でした。2016/10/27

COPPERFIELD

3
小林信彦は時代批評的な優れたエンターテイメント小説が多いが、こんなゴリゴリの私小説チックな仕事もしている。

きりぱい

3
あれ?同じ宏?と気付くのが3編目だというのも遅いけれど、そんな宏がひたむきに過ごした時代を振り返る連作だった。そんな宏がどんな宏かというと、器用でもなくやりたいことを模索しながら、高度経済成長期を物書きとして変遷してきた妻子ありの現在中年。なかば冷やかな観察眼を大いに持ち味にして、1編1編独立した作品のようにその都度関わる人物の個性が濃い。ほんとこのタイトルがいいよなあと思う。「根岸映画村」と「路面電車」が好きだなあ。2010/08/16

moon-shot

2
乾いた文体と時折見せる辛辣な表現で、「三丁目の夕日」と全く異なる、戦後の高度成長期の空気を味わうことができました。今の日本につながる多くのものを作り上げましたが、同時に多くのものを失った時代でした。怪物のような姿で立ち現れる「環七」(!)。かと言って消え行く路面電車も、親しみを感じつつも、不便な乗り物である現実を隠そうともしない作者の素直な感性は、全てをオブラートで包みこむ今の時代には貴重かも。2019/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/374352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。