講談社文芸文庫
戦後短篇小説再発見〈16〉「私」という迷宮

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061983502
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

夢、幻想、欲望の中に浮遊する「私」というカオス―さまざまな仕掛けで存在の謎と闇に迫る十一篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

パラ野

11
高橋たか子「骨の城」なんとも切なくなってくる。吉田健一「一人旅」ねじれが象徴的。散文詩のような。中里恒子「家の中」フェティッシュな生活だな。宝箱で暮らしているようだ。三田誠広「鹿の王」もののけ姫。「私」の変容と過去の逆襲のよう。忘却ではないので、悲劇にはならない。鹿の王からの語りと人間たちの知覚の違いに注意。小林恭二「磔」ネット上での私」のコントロールについて考える。森瑶子「死者の声」見る私/書く私/見られる私/欲望される私、幾つかの分裂を抱える。2014/09/21

里馬

4
安部公房、遠藤周作、小林恭二を除き八名初読。殆どどれも好みだったけど島尾敏雄「夢屑」にどきどき。2011/02/21

かふ

3
梅崎春生の他人の中に潜入する「私」、遠藤周作のイヤな奴な「私」、高橋たか子のMかもしれない「私」、吉田健一の一人旅の男を文章で追っていく「私」、島尾敏雄の夢屑な「私」、安部公房のカフカ的「私」、中里恒子のひとり家の「私」、小川国夫のパウロの棘が抜けない「私」、三田誠広の鹿と王を巡る「私」、小林恭二のネットをする「私」、森瑤子の作家だから男なんて登場人物よという「私」。一部題名そのままのものがある。ベストは安部公房の『ユープケッチャ』かな。他に梅崎はちょっと気になる。中里恒子は、見習いたい。2011/01/16

三柴ゆよし

2
梅崎春生「鏡」において、「松尾老人」は「私」の抑圧された影の部分を映し出すいわば反面鏡としての他者だが、遠藤周作「イヤな奴」では、「私」の肉体と精神は引き裂かれ、それぞれ「飯島」、「大園」という両極的人物の姿をとって現われてくる。高橋たか子「骨の城」はコメントに困る作品で、島尾敏雄「夢屑」のほうがまだしもわかりやすい。とまれ、どちらも幻想のありかたが好みだったのでおもしろく読んだ。小林恭二「磔」はやや異色。情報の背後に存在する不特定多数の「私」を描いているように思われる。わるくはないアンソロジー。2010/05/26

か亮太

0
小林恭二、初めて読んでびっくりした。梅崎春生はやっぱり素晴らしい。何読みゃあいいか分からなくなったら、このシリーズ、です。シリーズ完遂するとつらいことになるが。2013/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/412972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。