講談社文芸文庫<br> 半日の放浪―高井有一自選短篇集

電子版価格 ¥1,254
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
半日の放浪―高井有一自選短篇集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 266p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061983380
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

疎開先で入水した母の遺骸を凝っと見つめる少年の目。二世帯住宅にする為明日は家を取り壊すという日、嬉々とする妻をよそに街に彷徨い出た初老の男の目。―戦争と母の自死を鮮烈に描いて文学的出発を告げた芥川賞受賞作「北の河」、人も街も変質する世情への微妙な違和感を描く「半日の放浪」等、透徹した観察眼で昭和という時代を丸ごと凝視し続ける高井有一の自選七短篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆうき

2
表題作「半日の放浪」を読んで、老いから目を逸らさずに生きられる人間になりたいと思った。そして「北の河」を読んで、私もいつか高井さんのように自分にとっての「唯一の私小説」を書けるようになりたいと思った。2009/05/01

おとん707

1
冒頭の芥川賞受賞作「北の河」は母の自死を巡る少年の心の描写がひやりとした透明さで描かれている。東北への一時疎開と間もなくの母の死は作者の実体験だし、少年を取り巻く人々の生きざまも当時のこの地の因習を反映しているのだろうが、それにしても物語とは承知していても実話かと錯覚を起こす深い心の描写。同じように東北に一時転居した少年を描いた最近の芥川賞受賞作「送り火」では感じることができなかった行間の人間味を感じる。 定年後の男の心を描いた「半日の放浪」には思わず自分を重ねてしまう。ただ、私は違う生き方をしたい。2019/05/03

ヤマダ キヨシ

0
☆☆2013/08/23

ステビア

0
いや〜地味だね。結構好きだけど。2013/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/456072

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。