講談社文芸文庫<br> 新編 石川啄木

電子版価格 ¥1,353
  • 電書あり

講談社文芸文庫
新編 石川啄木

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061983274
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

内容説明

二十代で夭逝した天才歌人石川啄木と同郷の先輩で親友、言語学者として大成した著者は、啄木の才能を惜しんで、時に生活を共にし、陰に陽に物心両面で彼を支えた。後年、折にふれて綴った啄木追慕の文章は、人間啄木の素顔を活写し、『定本 石川啄木』として本に纏まった。本書は、『定本 石川啄木』に「啄木の追憶」「啄木の終焉」など五編を増補し、新たに編集したものである。

目次

切れ凧
宿命
生い立の記
『あこがれ』時代
流離から再会へ
菊坂町時代の思出から
蓋平館時代の思出から
蓋平館時代の思い出
弓町時代の思い出から
友人として観た人間啄木
啄木の追憶
晩年の思想的展開
自己革命の生涯
啄木の終焉
啄木の到達した心境
石川啄木略伝

著者等紹介

金田一京助[キンダイチキョウスケ]
明治15(1882)年5月5日、盛岡市の生まれ。言語学者。父・久米之助、母・安の長男。明治25年、盛岡高等小学校に入学。29年、盛岡中学校入学。文学的才能に秀で新詩社社友となり「明星」に作品発表。37年、東京帝大文科大学入学。39年、アイヌ語実地探査のため北海道に渡る。ユーカラを筆録。40年、大学卒業。42年12月、林静子と結婚。11年、国学院大学教授。昭和7年、『アイヌ叙事詩 ユーカラの研究』により学士院恩賜賞を受ける。14年より『明解国語辞典』(昭18・三省堂)の編集に従う。29年、文化勲章受章。32年、歌会始召人になる。昭和46(1971)年11月14日死去。享年90
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。