講談社文芸文庫<br> ファウスト〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,463
  • 電書あり

講談社文芸文庫
ファウスト〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 11時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061983205
  • NDC分類 942
  • Cコード C0197

内容説明

神ならぬ人間の身で世界のすべてを究めたい欲求に憑かれたファウストは、悪魔メフィスト‐フェレスと契約を結ぶ。文豪ゲーテ畢生の大作が柴田翔の躍動する新訳で甦る。

目次

献げる言葉
舞台での前狂言
天上の序曲
悲劇第1部

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

マウリツィウス

15
【追想:『《ファウスト》』】《古代古典》としての『ファウスト』を読んでいた。《もう、読む必要がなくなったのが「今」となる》。《恐らくは、主題に秘められる「謎が解けた」からだ》。《『人』はそれを「乗り越えられる」》。《「葛藤」、これを克服する為に『人』が得なくてはならないもの》、《それを導き出せた時を「成長」と呼ぶのかもしれない》。《『ヒトの運命』を知る時に、その『ヒトの真実』を「識らない」。「ヒトが人を識ることは、全てを識らない時」》、《『自己』を欺くことなく見つめる》。《その時にも、啓けない謎が解く》。2015/03/16

大泉宗一郎

11
『ファウスト伝説』を戯曲化したゲーテの古典文学。知識、幸福への限界に嘆くファウスト教授に、魂と引き換えに人生の喜怒哀楽を味あわせようとする悪魔メフィストフェレス。後世のあらゆる作品で使い尽くされたこの設定を、かび臭い古典として打ち捨てず、”読み物”引き留めているのはひとえに溢れ出る詩情と、ウィットに富んだ言葉遊びによるものだろう。目もくらむほどの修飾とレトリックで時々あらすじを見失うが、言葉の奔流に流されるまま恍惚と陶酔の世界に浸れる。2018/12/19

きゃれら

10
悪魔に魂を売る、と言えばこの作品。で、この第一部は何をしているかというと、おい、お前そんなことなの?という気がしないでもない。悪魔の手を借りないといけない、という時点で、そういうことに手を出してもろくなことに…。それはそれとして、世の中を切り取る鋭い視線と言葉遣いの芳醇は、翻訳でも伝わってきた。下巻へ。2021/09/18

明智紫苑

7
岩波文庫版と比べて、読みやすくとっつきやすい訳。それにしても、ファウストの野郎はロクでもないダメ男だな。アーサー王伝説のランスロットと並ぶ、西洋文学のダメ男の双璧だ。2015/08/08

コーギー

4
悲劇ながら、調子がどこかイロニックなのは、豊かな修辞技法が齎す文学的な広がりの面白さ。なるほど三島由紀夫が偉大な作家にゲーテを挙げていたが、皮肉加減などはまさにゲーテを倣ったものだろう。ゲーテは深刻の中でも効果的に諧謔を利かせているようだが、これは戯曲という様式の賜物だろう。 ファウストの葛藤する知の世界とその限界は、現代でも「教養人」(に憧れてしまう人)には響くのだろう。俗悪だとか、卑しいだとか、感情的だとか、それを蔑する一方で、その口調には僻みの調子はなかろうか。などと徒然なく逍遥しつつ 第二部へ2020/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/414572

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。