講談社文芸文庫<br> 年月のあしおと 〈下〉

電子版価格 ¥1,023
  • 電書あり

講談社文芸文庫
年月のあしおと 〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061976177
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

出版社内容情報

【内容紹介】
文芸評論家となる切掛けとなった「洪水以後」入社前後から、小説を書き始めた頃の滝田樗陰との出会い、尾崎士郎、宇野千代との大森馬込時代、関東大震災後の市井の不穏、プロレタリア文学抬頭期の本郷菊富士ホテル周辺、畏友宇野浩二の病、芥川龍之介の自殺、葛西善蔵の死、父柳浪の他界など自伝的要素を加えた屈指の文壇回想録。野間文芸賞、毎日出版文化賞受賞、正篇上下2巻完結。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

8
★★★★★(インテリゲンチャの弱さと脆さの追求、そして広津が見つめたその先にあるものと散文精神に基づく生き方。広津は島村抱月の学問よりも、むしろその廃滅的なニヒリズムに惹きつけられた。そして同時にそのニヒリズムは当時広津の中にも芽吹いていたものである。広津はそれを自覚しながらも諦めの中に逃げ込まず、散文精神を礎に一歩一歩確実に足を進め・・やがては社会の影ともペンで立ち向かう事になる。当時の広津のトルストロイアン(思想)に対する反発も興味深い。広津の自伝的文学としてもとても面白く読み応えのある一冊。) 2013/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1536673

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。