講談社文芸文庫<br> 木犀の日―古井由吉自選短篇集

個数:
電子版価格 ¥1,023
  • 電書あり

講談社文芸文庫
木犀の日―古井由吉自選短篇集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 04時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061976030
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「都会とは恐ろしいところだ」。五年間地方で暮らし、都会に戻った私は毎朝のラッシュに呆然とする。奇妙に保たれた「秩序」、神秘を鎮めた「個と群れ」の対比、生の深層を描出する「先導獣の話」のほか、表題作「木犀の日」、「椋鳥」「陽気な夜まわり」「夜はいま」「眉雨」「秋の日」「風邪の日」「髭の子」「背中ばかりが暮れ残る」の十篇。内向の世代の旗頭・古井由吉の傑作自選短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

68
社会批評と正常と狂気との境目。目を閉じてもまとわりついてくる思索のなかに生きるということ。理不尽な心の病に落ちこんでいく主人公たちは、それが彼らにとっての必然であるかのように見える。しかし社会への順応者とそうでない者の違いは何なのかという問いに、読者は身をすくめるしかない。柔らかで鋭利な知性のなかで問いかけられ続ける以上は。2018/09/19

yumiha

41
緊急事態宣言のせいで届いた予約の本しか借りることができない市立図書館。活字中毒の私、読む本がなくてついつい同居人の愛読書(本書も)に手を伸ばすこの頃。古井由吉自選の世界は、いつもながら自己と他者が入り混じる。現実と妄想も、正気と狂気の境もあやふや。読んでいる側も、ちょっとした凸凹につまずきがち。一番読み易かったのは、私小説的な「髭の子」。入院した父親の髭を剃る息子。だんだん食欲が落ちても、髭は相変わらず剛いまま伸びてゆく。髭剃りなんてしたことがないから、私なら途方に暮れることだろう。 2021/09/11

踊る猫

32
瑞々しさを感じさせる「先導獣の話」から始まって、幻想的短編やリアリズムを追求した短編など、ヴァラエティに富んだ作品群が収められている。古井由吉のビギナーはこの本か『杳子』あたりから読むことを薦めたい。しかし、ここまで主題が一貫している作家もそうは居まい。風俗に流されることなく(従って、どの短編も古びていない)、己の実存を問い続けて来た作家。生きる意味を、自分が今ここに居ることの重みを書き続けてきた作家……読みながら、私もまた己の生と死について否応なく考えさせられざるを得なかった。この作家は危険だ。だが凄い2019/06/02

harass

24
なんとも無二の文章を書く作家。エッセイかと思いつつ読んでいくと幻想小説のような世界のきわを行き来していることに気が付かされる。独特な言葉遣いをするので難解に感じるところがあるが慣れると面白い。記憶などの心象風景と現実とのねじれの使い方に強みがあるのか。よくアンソロジーで読む『眉雨』は伝奇小説のような意表をつく。作家の長い期間から選んだ自選短編集で次第に老いのことが近年の作品には印象が強い。2014/06/04

mm

22
1968年に発表された「先導獣の話」から1994年発表の「背中ばかりが暮れ残る」までの10作が時系列で収められている。大体舞台は東京でなので、この本の背景で東京の街の景色の変化が早送りで映されているような感じがした。世の中の変化とは無縁の家に閉じこもる文筆業なので、世間と乖離しているような自覚が所々で表現されているが、世相はどこへでも侵食していくんだね。解説ではポストモダン的作風の絶頂期の作品の一つと評価されている「眉雨」が、私にとっては一番読みにくかったよ。。古井由吉は風呂読書に向かないのは何故だ?2019/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。