講談社文芸文庫<br> 閉ざされた庭

講談社文芸文庫
閉ざされた庭

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061975835
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

高名な詩人の娘嫩は、「B29機帝都に侵入す」る戦時下、手縫いのワンピースを着、男の田舎の神社で式を挙げるが、初めの日から「真面目な人」のはずの夫と行き違う。互いに傷つけあい、ささくれ立った年月の末、不妊手術をし、戦後に離婚、自立するまでのアパート「木馬館」での生活。『蕁麻の家』に続く、自伝的長篇三部作の第二篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こぽぞう☆

13
図書館本。古書の書庫から出してもらった。「蕁麻の家」の続編。「蕁麻の家」は一人称だったが、こちらは二人称。子供時代は虐待を受け、今度はDV。(精神的、経済的?)虐待を受けて育ち、歪んだ認知から配偶者選びを間違えたのか。しかし、戦争末期である。追い出したがる実家、出ていきたい嫩、誰でもいい!と結婚したら酷い男だったのか。ただ、離婚へ向けて喧嘩の中で夫が、自分と父親を比べられていると僻むところを見ると、嫩にも原因はあるのかな。このシリーズ、第三部まであり、貸出中だったのでよやくしてきた。2018/08/23

Melody_Nelson

1
「蕁麻の家」続編。結婚を機にやっと家から出られたと思ったら、今度は夫と上手くいかず…。私は著者と同性なので、「ああ、こういう男性いるよね、ツラいだろうな」と思って読んだが、男性の側からしたら、それなりに言い分はあるはずで、ともかく、二人の相性が悪かったということだろう。二人とも若く、自我が強そうだし、且つ、敗戦で貧しい状況(環境)というのも精神的に余裕が持てない。「木馬館」の暮らしは、虐げられていたとはいえ、お嬢様育ちの著者は当初きつかっただろう。でも良い人たちが多かったみたいで良かった。2020/07/26

ミメイ

0
壮絶な人生

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/397973

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。