講談社文芸文庫<br> アルゴナウティカ―アルゴ船物語

個数:

講談社文芸文庫
アルゴナウティカ―アルゴ船物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 01時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 408p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061975811
  • NDC分類 991
  • Cコード C0197

内容説明

黒海の東の果て、コルキスの地の樫の巨木に張られた全羊毛を持ち帰るように王から命じられた英雄イアソンはアルゴ船の一行と大航海に乗り出した―古代ギリシアの神々や英雄が織りなす雄大な叙事詩の唯一の邦訳。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

em

25
イアソン率いるアルゴ船一行の冒険。物語自体の面白さもさることながら、ときにドラマチックにときに静かに、遠景からディテールへと自在に動いてゆく映像のように広がりをもった詩の表現が素晴らしく、ゆっくりと味わうのが楽しかった。金羊皮を守る大蛇がしゅうしゅうと立てる音、それを森のこだまが返し、遠く河の流れの先で聞く者がいる。その河口には……といった具合。気になったのは、キルケが『オデュッセイア』と同じ人とは思われないほど優しいこと。魔女は最初から悪しき者ではない。彼女には彼女の物語があるのだ、きっと。2018/11/23

syaori

25
イアソンを筆頭とする英雄たちが金羊皮を求めて旅をする冒険譚。訳者も指摘するようにホメロスのようなダイナミックな展開はないものの、ハルピュイアを撃退したり、プレガデス(打ち合う岩々)の間を通り抜けたり、炎を吐く牛に軛をかけたりという冒険はやはり心躍るものがあります。また恋と父親との間で葛藤する王女メディアの心情は繊細に描かれていて印象的です。イリアスの前日譚に当たるので、大アイアスの父テラモン、アキレウスの父ぺレウスがメンバーにいたり、ナウシカア姫の父アンキノオス王が出てきたりするのもうれしいところでした。2016/05/11

更新停止中

5
アルゴー号はずっと「ギリシャ神話ヒーロー大集合」というイメージだったんだけど、思ったよりプリニウスとかマルコ・ポーロとか的な嘘異郷譚の性質が強くて楽しい。それにしてもメデイアが可哀想で、「この後」の話を知っているだけに痛ましくて中盤読むのが辛い程だった。冷血の魔女と凶暴な野獣と純真な乙女の混ざった美しくて痛ましい生き物。イアソンも、この物語の中で描かれているのはマイナス思考ダダ漏らしながらも、ずっと「皆で帰る」事を第一に考えている、ギリシャ英雄にしてはマッチョ度低くて感じのいい人物なのだが。が。2012/07/12

さよ

3
紀元前3世紀に書かれた,古代ギリシアの英雄たちの冒険譚。古典のわりに意外と読みやすかった。とってもRPGな筋立てだな! 地名が延々と続くところは退屈するが,航海や供儀の様子などがわかるのが興味深い。火のつきそうなメデイアの激情は,読み応えがあった。結局イアソンはメデイアを甘く見てえらいことになるわけですが。2014/10/09

Doederleinia berycoides

3
地理的描写が多く、美しい叙事詩。イアソン、メデイア、ヘラクレス、オルペウス、アキレウスの両親などギリシア神話に定番の人物・神々が登場し、群像劇を楽しむことが出来る。絶版なのが惜しい。2011/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/156813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。