講談社文芸文庫<br> 妖・花食い姥

電子版価格 ¥1,001
  • 電書あり

講談社文芸文庫
妖・花食い姥

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061975507
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

深い怒りと悲しみに培われて女の内部に居据る〈業〉を凄絶に描いた「ひもじい月日」(女流文学者賞受賞)、『春雨物語』を踏まえた鬼気迫る傑作「二世の縁 拾遺」、夢幻と現実が見事に融合する「花食い姥」、ほかに「黝い紫陽花」「妖」「猫の草子」「川波抄」を収録。伝統的優美と豊かな知性が研きあげた隠微な官能、妖気を漂わせる特異の世界、円地文学傑作短篇集・七篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

33
母親としての女、妻としての女、そして個人としての女が衝突し、ぎりぎりのバランスが崩れる描写の凄味に呆然とする短篇集。「黒い紫陽花」の理解と自由があることを尊重しながら息子の意志を汲み取れなかった母親としての偽善とエゴ、精神を病んでしまった息子を見捨てられない執着と息子の自死に何もかもが切れてしまった状況に移ろう様は怖くても曳きこまれるものがあります。春雨物語を根底に置いた「二世の縁 拾遺」は見知らぬ男に乱暴されそうになって夫の特徴があると感知しても否定し、入定の定助はどの男にも存在する奇妙な怖さが癖になる2013/03/27

ミーナ

22
中年以降の女性を主人公にした7編- 先月読んだ『名短篇、ここにあり』で気になった作家さん。40年前という出版当初の時代で考えると、主人公は老女と呼んでも差し支えのないであるにも関わらず、意外なことにいずれも性的なエピソードが絡む。とりわけ『黝い紫陽花』は自分の息子への欲望が生々しく恐ろしい。悲痛で嫌だからこそ目が離せない『猫の草子』が最も印象深い。いずれも明確な答えが書かれていないためか、薄暗がりの中に取り残されたような心許ない気持ちになる。1編1編が重いため読了までに時間がかかる、独特な余韻を残す短編集2016/11/12

夏子

10
女性の心の奥底にある激しいどろどろとした物を凄く的確に冷静に描いている怖い作品集です。決して楽しい話ではないのですが読むのをやめられない魅力がありました。2015/12/16

キノシマ

7
「猫の草子」が特に好きだ。目を患い、息子夫婦に冷遇され、ついに自殺した老女。もともと毛嫌いしていたのに、晩年の彼女が唯一愛着を示した二匹の子猫。猫らを描いた画帳は時を追って擬人化が強くなり妖しく淫靡になっていく。老作家の「私」が知り合いの話を聞きながら画帳を眺めるエッセイ風に始まり、文章はいつのまにか老女の「物語」にシンクロしていく。時間が錯綜し自分が崩れていき、同時に明晰さが増す老女の老いの生々しい凄さに、老いた「私」も僕も侵食されていく。その他「黝い紫陽花」も素晴らしかった。2018/06/22

もち

7
とてもおもしろかった。私の求めていた小説かもしれない。静かな狂気に、知らず充たされているような女性が主人公の短編集。2017/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/438667

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。