講談社文芸文庫<br> 教祖の文学/不良少年とキリスト - 坂口安吾エッセイ選

電子版価格 ¥1,089
  • 電書あり

講談社文芸文庫
教祖の文学/不良少年とキリスト - 坂口安吾エッセイ選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061963771
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

【内容紹介】
“人間は悲しいものだ。切ないものだ。苦しいものだ。……”“それども、とにかく、生きるほかに手はない。……”“生きる以上は、悪より、良く生きなければならぬ。”孤独を“わがふるさと”として生き、混沌を混沌のまま生き、その坩堝の中から決然と掬いとった生き続けるための精髄。21世紀を生き抜くための強力な精神賦活の弾機!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

どですか寺ん

64
坂口安吾は『堕落論』『日本文化私観』などの論文風のものより、本書にあるようなエッセイが好きである。何度読んでも飽きないのはこうした雑文風のものである。そして雑文でありながら志高い文学である。人間、志だけは高いか低いか割と簡単にバレてしまうものである。表題の『教祖の文学』『不良少年とキリスト』は、いつ読んでも素晴らしい。同じくらい素晴らしいのが帝銀事件や下山事件を扱ったもの(本書収録)で、下山事件を扱った『孤独と好色』は人間である事の淋しさを感じる。最初は失敗談風の『安吾風流譚』も素晴らしい。お薦めします。2019/11/15

香菜子(かなこ・Kanako)

37
教祖の文学 不良少年とキリスト。坂口安吾先生の著書。坂口安吾先生の著書は初めて読みましたが、エッセイが醸し出す独特の雰囲気に惹き込まれてしまいました。坂口安吾先生の他の作品も読んでみたいと思わせる内容です。2018/12/13

galoisbaobab

10
教祖は小林秀雄、不良少年は太宰治。なかなか鋭い切り口のエッセイ(?)。が、やはり安吾は小説がいい。パンクが正論に聞こえてくるとそれはそれでつまらなくなる。権威に噛みつき芸術に向き合い続ける彼は好きですがね。2016/12/11

ももみず

10
安吾忌によせて。昔「教祖の文学」を読んだときは、字面通り受け取って、まったく小林秀雄なんて読むに値せず!と決めつけていたけど(それは模試で小林秀雄の文章に苦しめられたサカウラミも多分に含まれてるのだが)、いま読み返すと、その受け止め方こそが、安吾の厭う「鑑定家」的態度だなと。愛だよ、愛。この評論に貫かれているのは、安吾の、小林秀雄に対する、いや、すべての人間に対する愛だ。愛がなきゃ、こんな批評は書けまい。太宰を斬るときの書き方も同じ。こんな愛に塗れた刃を振りかざせる人間なんて、そうそういませんわ。2015/02/18

由萌

7
不良少年とキリストに泣きそうになった。生きていることがすべてだと、生きてほしいという著者の願いが強かった。その著者が太宰治が失踪してから送った手紙はついに読まれず、著者自身がその後に薬物中毒に溺れていってしまうというのもつらかった。読み応えもあり、すぐに読むことが出来た。2017/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。