講談社文芸文庫<br> 日本文壇史〈6〉明治思潮の転換期

講談社文芸文庫
日本文壇史〈6〉明治思潮の転換期

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300,/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061963405
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

内容説明

明治三十四年、「文壇照魔鏡」事件と『みだれ髪』への文壇人の誹謗非難は、逆に、新しいロマンティシズムの拠点「明星」を決定づけ、寛・晶子・有明・泣菫らの新風は詩歌時代を創った。諭吉・兆民ら明治初年来の指導者たちが逝き、鴎外・逍遥は文壇から遠退き、低迷した思想文化界に、新しい変化が兆す。明治三十五年、上田敏「芸苑」創刊、ゾライズムによる天外、花袋らが台頭。臨場感溢れる“明治文壇史”決定版。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ArenasR

2
私には、死の印象の残る一巻だった。子規の苦しみの果ての死。従容と死を受け入れた中江兆民や中島湘烟。尾崎紅葉が死に近づいていく様子は「人々は好意と敬意と愛情をもって尾崎紅葉を取り囲んで、その仕事から切り離し、彼を世話焼きと、自己満足と、病と、死の中に引きずり込んでいた」と書かれる。書くことは命の支えでもあり、また命を削ることでもある。どれほど多くの苦悩・苦難のうえに、また文士やそのまわりの人々の死屍累々のうえに、文学が成り立ってきたかを考えて、ちょっと厳粛な気持ちになる。2015/03/29

rbyawa

1
i007、概説書に近い系統の文学の本を読んでいるとたまに硯友社の衰退に自然主義が関わっているのだ的な説明があるが…どこが時期被ってんだよ一体。それと、「硯友社の衰退」というのは弟子らには関係がなく、要するに尾崎紅葉と同世代の面子のみのことを指しているということもだいたいわかった、弟子は硯友社とは言えないという表現も…どうなのかなぁ、結社なんだよな硯友社…(会社組織の前身みたいなもの、対義語は同人)、紅葉とは書き方が違うという以上の事実はどうもなさそう。そうして「金色夜叉」を除いて全てが停滞気味の時期かな。2018/05/08

シビック

0
明治三十年代中頃の文壇の話。作者の伊藤整は明治三十八年生まれ。そろそろ自分が生まれる時代を書く気持ち、どういうものだったろう。2018/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/706186

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。