講談社文芸文庫<br> 鴎外・漱石・龍之介―意中の文士たち〈上〉

電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
鴎外・漱石・龍之介―意中の文士たち〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 213p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784061962835
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

内容説明

作家としてのみならず学究・評者として非凡であった福永武彦が、深く心の裡に愛した文学者に就て自ら記した文章を蒐めて「意中の文士たち」と名づけたエッセイ集上下巻のうち、上巻を収める。鴎外・漱石・芥川・荷風・谷崎・梶井基次郎・中島敦、そして川端康成への、いわば福永武彦の「感謝の現れ」をオマージュとして捧げた文章である。

目次

鴎外、その野心
鴎外、その挫折
鴎外集解説
漱石三部作について
芥川龍之介小論
荷風の「花火」の一節について
「夜」の芸術家と「昼」の芸術家
梶井基次郎、その主題と位置
中島敦、その世界の見取図
川端康成集解説
末世の人

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

19
文芸評論ということで、鴎外、漱石、芥川、荷風、梶井基次郎、中島敦などそうそうたる文学者についての小論が並んでいます。私は鴎外も好きなのですが、ここでは漱石の三部作について書かれたところを興味深く読みました。川端さんとの手紙のやり取りも心が通い合っている感じがしました。2014/09/16

15
福永武彦が、心の裡(底)に刻む意中の文士たちについて、著者ならではの角度で語る評論(エッセイ)集。上巻は、鴎外・漱石・芥川・荷風・谷崎・梶井・中島・川端について取り上げられている。其々にとても興味深い内容だが、特に印象深かったのが、鴎外と梶井の章。鴎外の小説における野心と挫折については、鴎外を読み解く上でもとても勉強になる。梶井文学の闇と光、そしてその古典主義的な静けさ。芥川と志賀の対比(志賀は人生を選んで殆んど筆を絶ったが、芥川は芸術を選んで・・)も面白い。中島もまた再読してみようかと思う。 2014/07/31

masawo

1
軍医でもあった森鴎外を、福永氏が未完作の挫折の原因などについて徹底的に腑分けを試みている。他にも近代文学者の数々の立役者に対して容赦ない批評が為されているが、唯一川端康成に対しては親愛の情が見え隠れしているように感じた。2017/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1797134

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。