講談社文芸文庫<br> 贅沢貧乏

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
贅沢貧乏

  • 森 茉莉【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 講談社(1992/07発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 26pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月21日 19時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784061961845
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

華麗な想像力、並はずれた直感力と洞察力。現実世界から脱却して、豊饒奔放に生きた著者が全存在で示した時代への辛辣な批評。表題作「贅沢貧乏」「紅い空の朝から…」「黒猫ジュリエットの話」「気違いマリア」「マリアはマリア」「降誕祭パアティー」「文壇紳士たちと魔利」など豪奢な精神生活が支える美の世界。エッセイ12篇を収録。

目次

贅沢貧乏
紅い空の朝から…
黒猫ジュリエットの話
マリアはマリア
気違いマリア
降誕祭パアティー
文壇紳士たちと魔利
室生犀星という男
老書生犀星の「あはれ」
三つの嗜好品
道徳の栄え
ほんものの贅沢

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ユミ

48
面白かったです。森茉莉流の豪奢なレトリックに彩られたうつくしき哉、人生。エッセイに分類されているんですが、短編小説風の不思議な話も収録されています。浅草のノンシャランな気楽さと風通しを愛し、懶惰にアンニュイにチョコレートをかじるマリア。決して真似は出来ない生き方だけれど、ほんの少し前の日本にこのようなエトランゼ気質の女性がいたことが誇らしいです。2018/04/26

パフちゃん@かのん変更

48
主人公牟礼魔利(マリア)、父欧外(鴎外)とあるように作者森茉莉さんご自身の物語らしい。昭和30年代、著者60歳前後の頃の話。両家の娘で父に溺愛され、身の回りのことは女中や使用人にしてもらっていた。今は6畳のボロアパートで赤貧の暮らしをしているが、持ち物は独自の美学で選ばれたものばかり。でも生活力がないからよい服が虫に食われて穴が開いても繕うことは出来ず、夜中にこっそり川に捨てに行く。13歳の少女がそのまま中老になったような風情だという。『森茉莉贅沢貧乏暮らし』という神野薫さんの本を読みたい。2018/01/18

ユメ

39
この本を読んだら、森茉莉という女性に恋をせずにはいられなかった。硝子越しに世界を見つめたマリア。白雲荘での暮らしは貧寒をきわめたものでありながら、彼女は六畳の部屋に欧羅巴の夢を飾り、それに恍惚とした。「美はいつでも最大のもの」と信じてやまなかったマリアの審美眼にかなった部屋の光景は、読む者もうっとりさせる。真の贅沢とは心が豊饒であることだと彼女は教えてくれた。少女のままのような無垢さ、美と夢を追求する突き抜けた精神力、文壇の紳士たちへの冴え冴えとした眼差し、森茉莉という人はなんと愛すべき女性なのだろう。2017/08/16

ねこにゃん@しばらくつぶ少なめ

33
小説とも随筆とも区別がつかない文章、申し訳ないが入り込めない内容で斜め読みにて読了。何歳になっても心はお嬢様のまま、過去の体験で培った美意識で生活は苦しいながらもちょっとした贅沢のためにお金を使う牟礼魔利は、作者自身なのでしょうね。魔利目線で当時の文壇の様子が書かれていて興味深い。自分を変えず主義を貫けるのは精神的に強い方だったのだと思います。2016/11/20

こよみ

29
解説に書いてある通り、不思議と平成でも通じるところがある。世の中変わってないのかもね。2013/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503784

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。