講談社文芸文庫<br> 鯨の死滅する日

講談社文芸文庫
鯨の死滅する日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 692p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784061961647
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

〈滅びるにしても、いわば抵抗しつつ滅びるのでなければならず、終末観的な想像力の発揮のうちにこそ、人間の最終の希望はあらわれるのである。〉との甦りへの願い。戦後、22歳で作家となり、今36歳となった著者は1970年の時代状況と文学に対し真摯な発言を続ける。己れの文学の軌跡15年を“総括”し、新たな再生を期した三部作「全エッセイ集」の最終巻。文芸文庫版定本。

目次

第1部 状況と想像力(おもてを伏せてふりかえる―わが戦後;死滅する鯨とともに―わが’70年;敗戦経験と状況71 ほか)
第2部 〈沖縄ノート〉以後(核基地の直接民主主義;怒れる死者のメッセージとともに;沖縄・インド・アジアの旅 ほか)
第3部 アメリカ旅行者の夢(地獄にゆくハックルベリィ・フィン;コンピューターの道徳性;不可視人間と多様性 ほか)
第4部 架空聴講記(ピラトに訊ねられて;寛容のパラドックス;小さい魚の手がかり;乱世・泰平の想像力 ほか)
第5部 文学者たちとぼく自身(ほんとうの教育者としての子規;広津和郎における知識人の死;若い白鳥;中野重治の地獄めぐり再び;林達夫への侏儒の手紙;モラリストとしての伊丹万作;野間宏は発展的に持続する;堀田善衛の遍歴する魂;安部公房的存在論;安岡章太郎の跳躍とヴィジョン;高橋和巳と想像力の枷;ここにヘンリー・ミラーがある;ノーマン・メイラーの持続性;文体の算数;核時代のエラスムス ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

@第2版

0
第五部の中野重治~アップダイクの各作家論は未読。沖縄ノート、月の男、我らの狂気~等作品の補完的エッセイが収録されていて、割に読み応えがあった。また、三島由紀夫の自決を批判的に素描しているのが興味深かった。一方で、師の渡辺一夫に関わって書かれた第四部エッセイ群は十全に理解できたとは言い難い。数あるエッセイのなかで一番印象的だったのは「状況と文学的想像力(講演)」。サルトルの「嘔吐」を例に出して、概念化された言葉をものそのものを表象する言葉へ戻すこと(=言葉の物質化)が、文学的想像力の本質であると説いている。2020/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2128329

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。